新しいヴァイオリンの誕生

皆様には、ご一緒にシマにゃんを弔っていただき、誠にありがとうございました。
シマにゃんも心強く天に上って行けたと思います。
今ごろは、仲間と一緒に走り回っていることでしょう。


シマにゃんが星になったころ、新しいヴァイオリンが誕生しました。

魂を込めて製作したヴァイオリンが、これからどのような生涯を歩んでいくのか、いつも不安と期待が入り交じった心境になりますが、きっと良い一生を全うしてくれると信じて、明るい気持ちで送り出したいと思っています。

今回、久しぶりに、高橋明さんに演奏していただきました。
曲は、エルガーの、愛の挨拶です。
シマにゃんへの追悼の気持ちも込めて、演奏していただきました。
高橋さん、ありがとうございました。


以下、写真にてご紹介させていただきます。
d0047461_15251287.jpg
d0047461_15253579.jpg
d0047461_1526618.jpg
d0047461_15262177.jpg
d0047461_15265857.jpg
d0047461_15271615.jpg
d0047461_15274560.jpg
d0047461_1527583.jpg
d0047461_15282073.jpg

by violino45 | 2013-07-28 15:37 | 製作記 | Comments(14)

Commented by kagetaroPhotolife at 2013-07-28 16:05
シマニャンが元気に奔り回るその姿が脳裏を過り
何だか泣けてきました。。。
あっ!哀しい涙じゃなくて痛みや苦しみから解き放たれ
凄く良いお顔で空の上から菊田様、奥様へありがとうと。。。

感動の音色優しい音色、ありがとうございます<(_ _)>
Commented by R at 2013-07-28 17:02 x
新しいヴァイオリンを通してしまにゃんちゃんが、おしゃべりしてくれているかもしれませんよ。( ´ ▽ ` )ノ
Commented by kan at 2013-07-28 21:56 x
シマにゃんのいのちを受け継いだ
バイオリンですね。

愛の挨拶♪すてきな音色ですね。
大好きな曲なので、感激しました
(^_^)
Commented by 菊田 at 2013-07-29 00:50 x
kagetaroさん、こんにちは。

そうですね、私もこの演奏を聴くたびに、天に昇ったシマにゃんが、楽しそうに歩いている姿を思い浮かべてしまいます。

心を込めて弾いていただいた高橋さんのおかげですね。
良い音楽には、ほんとうに気持ちが癒やされるものだと、あらためて思いました。
kagetaroさんの写真にも、同じ力がありますね。

私も、良い音楽を演奏していただけるような楽器を、これからも心を込めて作っていきたいと思っています。
Commented by 菊田 at 2013-07-29 00:54 x
Rさん、こんにちは。

そうですね、シマにゃんの魂が楽器に乗り移って、最後の挨拶をしてくれたのかもしれませんね。
 
だとしたら、心穏やかに天に昇っていったのだと、楽器の音色を聴いていてあらためて思います。
Commented by 菊田 at 2013-07-29 01:09 x
kanさん、こんにちは。

この録音の時は、特に打ち合わせをしたわけではないのですが、高橋さんは自然にこの曲を選んでくれました。

私達夫婦だけではなく、ネットを通じてたくさんの方に愛されたシマにゃんとの最後の挨拶にふさわしい曲、そして演奏になりました。

私の楽器も、喜んでいるように感じましたし、私も、製作者として感動的な瞬間を過ごさせていただきました。
Commented by R at 2013-07-29 06:56 x
今高橋さんの演奏を拝聴しました。
素晴らしいごあいさつですね。
ヴァイオリンの美しい音色と共にしまにゃんちゃんがよろこんでごあいさつしているように聞こえました。菊田さん、しまにゃんちゃんはよろこんで天国に行ったのですよ。( ´ ▽ ` )ノ
Commented by junjun at 2013-07-29 06:57 x
菊田さん、こんにちは。

新しいバイオリン、その演奏の動画には  菊田さんの
シマニャンへ、また新しい楽器への大きな愛情、優しい気持ちが溢れていて とても感動しました。高橋さんの演奏、素晴らしいかったです。有難うございます。

今回、猫ちゃんやヒトの一生について色々考える機会となりました。
新しく生まれた楽器は、自分を大切にしてくれる演奏者の人生にいかに寄り添って、これからどんな音を奏でていくようになるのか、、、などその無限な可能性や未来を考えると、ワクワクします。
楽器をみて、そんな事を考えていると、なんだか目の前の悩み事などは、とっても小さく感じたりします。

このバイオリンのこれからが、素晴らしいものでありますよーに。
そして、改めて今一緒にいてくれる私の楽器達に感謝します。

菊田さん、シマにゃん、有難うございました。


Commented by 菊田 at 2013-07-29 16:39 x
Rさん、こんにちは。

そうですね、時を同じく誕生したヴァイオリンの音色を通じて、シマにゃんと最後の挨拶ができたのでしたら、嬉しいことですね。
Commented by 菊田 at 2013-07-29 17:03 x
junjunさん、こんにちは。

そうですね、私も、シマにゃんを看護しながら、そして見送ってから、命というもの、生きることの意味をいろいろ考えてしまいました。

結論は出ませんが、翌日には召されるかもしれない状況の中で、一生懸命ご飯を食べているシマにゃんは、やはり最大限に「生きて」いましたし、私も、健気に生きたシマにゃんに恥ずかしくないような仕事をしていきたいなと思いました。

私が製作した楽器も、いつか成長して、弾いてくれる人の心の支えになるような存在になってくれれば嬉しいのですが、、。

Commented by 岡村 at 2013-08-06 14:04 x
いつも~ながら~綺麗なヴァイオリンですね~♪
Commented by 菊田 at 2013-08-07 17:40 x
岡村さん、ありがとうございます。
これからも、頑張って精進していきたいと思います。
夏の暑さには気をつけてくださいね。
Commented by 水島 at 2013-12-09 11:56 x
苦しくても、最期まで一緒にいたかった菊田さんに懸命に看病してもらえて
しまにゃんは、幸せを感じていたのでしょう
でなければ、こんな美しい最期の挨拶があるものでしょうか
なんて幸せな猫なのだろうと思えたからこそ、誕生日まで苦しくても一緒にいたのだろうと私は思います
Commented by 菊田 at 2013-12-09 13:52 x
水島さん、ありがとうございます。

そうですね、最後の数ヶ月の、シマにゃんの苦しみを思うと、奇跡を信じて毎日獣医さんに通ったことが、本当に良かったのかどうか、自問自答する日が続いています。

でも、誕生日まで頑張って生きてくれたのは、やはり、偶然とは思えず、水島さんのお言葉のとおり、最後まで一緒に居たいと思ってくれていたのだと思っております。

シマにゃんも、この演奏を聴いて、喜んでくれていると良いのですが。。
名前
URL
削除用パスワード