クレモナに戻りました。

先日、クレモナに戻って参りました。
日本でお目にかかることができました皆様に、あらためて感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

さて、この数日、脱力感を感じております。
旅行の疲れと時差ボケはもちろんあるのですが、帰国早々、陳昌鉉さんの訃報が飛び込んできたからです。
享年82歳でした。

一年前の大阪の展示会には参加されて、大変お元気そうなご様子でしたので、今年もお目にかかれるのを楽しみにしていたのですが、今年の展示会は欠席されていまして、心配していたのですが、まさか、その一ヶ月後に訃報を受け取ることになるとは、信じられない気持ちです。

昨年の展示会では、ご自身の楽器を弾かれたお客様に熱心に質問を繰り返していらっしゃったのがとても印象に残っていまして、80歳を超えて、情熱が衰えるどころか、さらに良い楽器を作るための熱意を燃やしておられる様子が伺えて、身が引き締まる思いでした。

伺うところによりますと、亡くなる直前まで、良い楽器を作ることへの夢を語っていらっしゃったとのことでした。

偉大なる先輩を見送るのは辛い気持ちですが、その崇高な精神を見習って良い楽器を目指して精進していくことが、一生を楽器製作に捧げた陳さんへの供養になるのだと思い、製作に励んでいきたいと思っております。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

明日から、通常のブログに戻ります。

by violino45 | 2012-05-18 05:40 | 日記 | Comments(14)

Commented by junjun at 2012-05-18 07:16 x
菊田さん、こんにちは。

日本での滞在を終え、無事にクレモナに戻られたのですね。
時差など、お疲れとが思いますが呉々もご自愛のほど、体調崩されないようお祈りいたします。

陳昌鉉さんのプロフィールを拝見させていただきました。
偉業を成し遂げられた方なんですね。しかも、楽器に対する熱い想いを常に持たれていたとの事、職種は違いますが 私も常に上の目指して頑張って行こうと感じました。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by セロ弾き at 2012-05-18 09:20 x
大阪での展示会などお疲れ様でした。3週間ほどクレモナをお留守にされたのでしょうか。
日本滞在中は鉋などに触れられてないのではと思うのですが、このちょっとしたブランクが新鮮な気分を(残念な訃報はありましたが)もたらしてくれるのではないかと想像しております。
できましたらまた来年、お目にかかれることを期待して楽しみにしております。
Commented by kan at 2012-05-18 09:33 x
日本の出張、お疲れ様でした。

そして偉大な先輩の訃報に
お悔やみを申し上げます。

人生は何もしないでいるには
長くて、何かするには
短いように思います。
出来る時にやっておかないとなぁ
と思いました。
ただものづくりにゴールは
ありませんから、いくつに
なっても、
心残りはあるでしょうね。

そういう事に出会えた事が
何よりの幸せかもしれないですね。

ご冥福をお祈りいたします。
合掌。









Commented by R at 2012-05-18 11:31 x
菊田さんおかえりなさい!
それと、大先輩の訃報、ご冥福をお祈りいたします。
のこされたみなさん、これからも素晴らしい楽器を作り続けてください。きっと天国でよろこんでみてくださると思います。
Commented by 菊田 at 2012-05-18 20:14 x
junjunさん、こんにちは。
そうですね、どんな職種でも、常にさらに良い仕事を目指して情熱を絶やさないでいられたら、やはりそれが幸せなことなのだと思います。

昨年お目にかかった時の、陳さんの目の輝きを見ていて、自分も30年後にこうして生きていたいと思いました。

そのためには、やはり健康の維持が大切ですね。
無理をせず、がんばっていきたいと思います。
Commented by 菊田 at 2012-05-18 20:24 x
セロ弾きさん、こんにちは。
そうですね、適度なブランクは、新鮮なアイデアを呼んでくれますので、必要なことですね。
でも、仕事を始めたら、前回の楽器での作業が、2ヶ月前のことなのに、まるで昨日のことのように脳裏に浮かんできて、、、時間的なブランクがそのまま気持ちのブレークになっていないことに気づきました。

これは良いことなのかどうか、分かりませんが、、、いずれにしても、楽器製作とは離れられない人生なのだと、実感しました。

きっと、陳さんも、そうだったのではないかと想像もしています。
Commented by 菊田 at 2012-05-18 20:43 x
kanさん、こんにちは。

そうですね、ほんとにそう思います。
ゴールの無い、モノ作りの世界で、限られた時間ではあっても、常により良いものを目指して歩き続けていられたら、やはり、なによりも幸せな人生なのかもしれませんね。

私も、何歳まで生きられるか分かりませんが、、、無我夢中になれるモノに出会えたという幸運に感謝しながら、精進していきたいと思っております。
Commented by 菊田 at 2012-05-18 20:52 x
Rさん、こんにちは。
そうですね、天国に召された大先輩に恥ずかしくないような楽器を作り続けていきたいですね。

陳さん、天国でストラディバリさんに会えたのでしょうか、、。
だとしたら、喜んでいらっしゃるでしょうね。。
Commented by R at 2012-05-18 22:22 x
もちろん陳さん、ストラディバリさんにお会いしていますよ。
(^O^)
きっと大喜びでお話ししていらっしゃるとおもいます。
私も楽器、そして音楽を愛する者としていろんな人々と素敵な出会いがあったらいいなあ(=´∀`)人(´∀`=)
Commented by 菊田 at 2012-05-18 23:44 x
Rさん、そうですよね、楽しそうに楽器談義をしている様子が目に浮かびます。
私も、もし天国に行けたなら、ストラディバリさんに会って、ニスの秘密を聞いてみたいです。
その時にはもう作れないのですけどね、、、。

でも、ストラディバリさんに、「ニスには秘密なんて無いんだよ!」と言われそうですけどね。
Commented at 2012-05-20 13:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-05-20 13:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by セイジ at 2012-05-27 23:16 x
お久しぶりです。
陳昌鉉さんには、私の初めてのVnが出来た時に、陳さんの自宅まで押しかけて、初めて作ったVnを見ていただいたことがあります。快く時間を割いて下さって、いろいろなお話をして下さいました。そのVnは本当に出来の良くないものでしたが、真剣に見ていただいて、今後の心構えや目標の作り方などを聞かせていただいたものです。
S氏やG氏に会えていますように。

今年、明日館にて初めて出展させて頂きましたが、今回は出展すること自体が勉強になりました(美観的にも)。
まず、他の楽器の音に埋もれてしまうことが今回の発見でしたので、箱が鳴るように心がけたいです。
つい、菊田さんの楽器を弾いてみたいなと感じた次第です。
またお会い出来ますように。
Commented by 菊田 at 2012-05-28 17:07 x
セイジさん、こんにちは。
そうでしたか、それは貴重な経験をされましたね。
きっと、陳さんにとっても、楽しい時間であったことと想像しています。
ぜひ、陳さんの志を受け継いで、これからも良い楽器を製作していってください。

展示会も、よい経験になったのでしたら、なによりです。
ご一緒に展示できれば良かったのですが、今年は失礼いたしました。
来年以降、機会がありましたらまた参加したいと思っていますので、よろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード