ニス塗り途中

ニス塗り途中の楽器です。
途中、東京出張などで塗れなかったのですが、10回ぐらい塗り終わりました。
少しだけ、バイオリンらしい色が付いてきました。
7月30日の日記と比べると、よく分かります。
でも、まだまだ、あと20~30回は塗ると思います。
でも、環境が違うので、色の具合とかが分かりづらいので大変です。
ですので、日本では7割ぐらいでやめておき、クレモナに帰ってから仕上げることになると思います。

さっきまで、女子マラソンを見ていました。
日本勢は残念だったですが、皆さんすごくがんばっていましたね。
それにしても、40km走り終わってすぐに平然と立ち話をしている様子にはびっくりというか、その道を極めた人たちの凄みを感じます。

ニス塗り途中_d0047461_23204843.jpg

by violino45 | 2005-08-14 23:21 | 製作記 | Comments(4)

Commented by 加藤(武藤)夕子 at 2005-08-16 09:47 x
こんにちは!ハードスケジュールながらもお元気そうですね!
バイオリンって私は音楽の授業で弾いたことがあるくらいで、あまり触れ合ったことはありませんが、こんなにも手間隙かけて作られるものなのですね~。
小学校から高校まで10年間TUBAという金管低音楽器をやっていましたが、自分で作りたいと思ったことは・・・無いです。
名古屋にはまだいらっしゃるのですか?
お時間さえ許せば、是非父にも会いにきてやって下さいませ!
Commented by 菊田 at 2005-08-16 12:29 x
こんにちは、夕子さん、コメントをありがとうございます。
10年間、TUBAですか。すばらしいですね。
さすが、先生のお嬢さんです。
でもTUBAを作るのは、無理ですよね。
先生にはぜひお会いしたいです。
名古屋にはまだしばらく居ますので、ご迷惑でなければ今週末ぐらいに少しだけご挨拶にうかがわせてください。
金曜日以外は空いておりますので、ご都合の良い日をご指定いただければ参上します。
お返事は、メールにお願いいたします。
violino45@hotmail.com
では、失礼します。
Commented by たにつち at 2005-08-17 12:44 x
ニスが塗られ始め、木目がよくわかるようなりました。1枚板なのにまっすぐにそろって通っていて、実に素晴らしい材料で作られていたのですね。
この写真だと「ウェストのくびれ」すごく細くも見えますね。そのときの気分によって見え方が違うのがフォルムの不思議でもあります。
ちなみに私も「猫派」です。住宅事情でちゃんと飼ったことはありませんが。
Commented by 菊田 at 2005-08-17 16:24 x
うーん、マニアックなご感想、ありがとうございます。
木を褒められるのは、うれしいことです。
製作者としての基本的な姿勢ですので。
くびれ、今回のモデルは初めてなのですが、今までのモデルよりもくびれが強調されている気がします。
微妙なところで、全体の印象が大きく変わるのが面白いところです。
名前
URL
削除用パスワード