滞在、その後

今回の日本滞在では、宮地楽器さんでのチャリティーコンサート、大阪での展示会、東京での展示会と、3週連続のイベントで、たくさんの皆様とお会いすることができまして、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

あらためて感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

次の機会に、再びお会いできますことを、楽しみにしております。


さて、東京滞在の最後の日に、私の友人のバイオリン製作家である大久保さんが開催された懇親会にも参加させていただきました。

この懇親会は、大久保さんが開いているバイオリン製作教室の生徒さんを中心とした親睦会なのですが、それぞれ完成されたバイオリンを持ち寄って、プロの演奏家の方に演奏していただくという試奏会の企画もあるので、ぜひ参加させていただきたいと思っていたのでした。

私自身は、大久保さんの生徒ではないのですが、製作家を志した15年前に、右も左も分からない私に対して本当に親身になって楽器製作のことをいろいろ教えていただいた恩人と思っていますので、製作教室の生徒さんは、ある意味、私の仲間ですので、今回も、そのつもりで参加させていただきました。

なので、試奏会にも、生徒さんたちと同じように匿名で参加させていただきました。

参加された生徒さんは20名程度だったのですが、この時期に完成した楽器は9台とのことで、私の楽器も含めて10台の試奏となりました。

演奏を聴かせていただきながら感じたことは、どの楽器も、ほんとうに良く鳴っているということでした。

バランスも良くて、音色もまろやかで、音楽的に響く楽器が多かったです。
とくに感じたのは、音色、というか楽器の響き方が、どの楽器もよく似ていて、文字通り、兄弟のような楽器が9台、揃ったような印象でした。

大久保さんの製作方法や削り方、ニス、そして調整の方法が、良く生徒さんに伝わっていることの現れだと感じました。

そこに私の楽器が1台入ったわけですが、、、やはり、ちょっと異質な感じがして、、、なんだか、すぐには馴染めない転校生のような感じの音色でした。(ちょっと寂しい、、、)

でも、おかげさまで良い勉強になりました。

大久保さんの生徒さんたちは、皆さん、とても温かい方ばかりで、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

私自身、最初に大久保さんに出会ったおかげで、現在、曲りなりにも製作者として生きていられると思っているのですが、生徒さんたちも、大久保さんという先生に習えているということは、やはりとても幸運なことだと思いますので、これからも、良い楽器をたくさん製作していって欲しいと思います。

このブログでは、写真の公開はご遠慮しますが、大久保さんのブログで写真をご覧いただけますので、雰囲気をご覧いただければ幸いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kingupuuu/20360120.html

さて、先日、コメント欄で、shigeさんからいただいたプレゼントのことを書きましたが、ここで、ご紹介させていただきます。

まずは、バイオリンの形の、時計&湿度計です。
d0047461_2391470.jpg

バイオリンと同じカエデ材を使った、完全手工品です。
d0047461_231103.jpg

d0047461_23112297.jpg

そして、猫の形の、やはり時計&湿度計です。
d0047461_231386.jpg

シマにゃんの写真を見て、製作していただいたそうです。
微妙にシマ模様が入っているところが、そっくりです。
d0047461_23143874.jpg

d0047461_2315211.jpg

shigeさん、お忙しいところ、本当にありがとうございました。
d0047461_23163483.jpg

展示会では、このほかにも、たくさんの方から、お土産をいただきました。
お菓子や、癒しグッズ、健康グッズなど、温かいお心遣いにあらためて感謝申し上げます。

イタリアには、数日後に出発する予定です。
日本で皆様からいただいたエネルギーのおかげで、これからも良い楽器が作れそうです。
次回、お会いできる日を楽しみにしています。
ありがとうございました。

by violino45 | 2011-06-10 23:24 | 日記 | Comments(8)

Commented by junjun at 2011-06-11 06:51 x
懇親会の記事拝見いたしました。皆様の目標に向かって頑張っている様子、刺激になりました!Upされた時計、湿度計のプレゼントすっごく素敵ですねー。しかも手作りですか!これは自慢したくなる一品ですね。特にシマにゃんタイプのもの、可愛いです。貴重なお写真ありがとうございます!
先日私のバイオリンをクリーニングした所、見た目だけでなく音質がクリアーになり響きが変わりました!驚きです。
最近、長くも薄っぺらい私のバイオリン人生の中で変化が起きてます。少しでもStepUPしたい気持ちから、立ち位置、持ち方、指圧、弓等しっかり基礎からやり直ししたほうが良い?と思い改良しようとするも、なんだか変に力が入って指は痛いし曲は弾けないし、、、。
長年の癖を直すのって難しいです、、、、。
変化はバイオリンに対してだけでなく仕事面でも新たにデジカメを導入したり。(今までカメラ触ってないのに一眼レフ、マクロレンズデビューです)
数日後クレモナに戻られるとのこと無事の帰宅お祈りいたします。
Commented by しいや at 2011-06-11 20:31 x
こんばんは。懇親会でご一緒できました「しいや」です。当日は、私の楽器も参加したので、ドキドキでした。菊田さんのことは、昨年の弦楽器フェアでちらっとお姿を拝見しておりましたので、私にとっては初めてでは無かったのですが、緊張してほとんどお話しできず、残念でした。特にHPを見て、しまにゃんのことが気になっていて、その後を伺いたかったのですが、当日はそんな雰囲気ではなかったので・・・
今、私が作った楽器を娘が使っています。まだ小学生なのですが、楽器製作にも興味を持っていて、イタリアに行ってみたいと申しております。いつか、娘の夢が叶った際には、よろしくお願いいたします。
では、お元気で。ますますのご活躍を!!!
Commented by shige at 2011-06-11 21:27 x
菊田さん、こんにちは。
紹介有り難うございます!写真が綺麗すぎて感動してます(笑)
楽器製作も楽しいですが製作をする人間ならではの物が何か作れないか色々考えてます。あくまでも趣味の範囲ですが(笑)今は楓以外の材木でスクロールの置物が出来ないか考え中です!
また何か面白い物が出来たら持って遊びに行きますね~(笑)楽器もちゃんと作ってますのでタイミングが良ければ見て下さいませ~!

では、また。
Commented by 菊田 at 2011-06-11 22:28 x
junjunさん、こんにちは。
懇親会は、基本的には楽しい食事会なのですが、、、趣味とはいえ、バイオリンを一台製作するためには、気が遠くなるほどの時間と労力を費やしますので、出来上がった楽器をプロの方に演奏していただく時の、みなさまの喜びと緊張感が痛いほど伝わってきて、私も、料理の味がよくわからない程でした。

バイオリンの掃除をすると、降り積もった松脂が一皮剥ける感じになりますので、やはり音にも良いと思います。
気分的にもリフレッシュできますので、一石二鳥ですよね。

演奏、そして仕事のほうも、変化が訪れているとのこと。
常に一歩前に進まれようとする姿勢はすばらしいと思います。
私も、負けずに歩き続けたいと思います。。

展示会では、貴重なモノをいただき、ありがとうございました。
イタリアにもどったら、活用させていただきます。
Commented by 菊田 at 2011-06-11 22:41 x
しいやさん、こんにちは。
懇親会では、席が遠かったこともあって、あまりお話もできず、残念でした。
しいやさんの楽器が何番目だったのかは分からないのですが、どの楽器も良い音でしたので、しいやさんの楽器も良く響いていたのだと思います。
ぜひゆっくり拝見したかったです。

お嬢様が楽器製作に興味がおありとのこと。
留学するにはまだ早いですが、ぜひ一度、クレモナにもお越し下さいませ。
きっと、良い刺激になることと思います。

シマにゃんのことをお気遣いいただき、ありがとうございます。
私自身も、一ヶ月間、離れているのですが、、妻によりますと、元気に暮らしているそうで、最近は、いつも後をついて来て、甘えん坊になっているようです。
でも、相変わらず、抱っこは嫌いのようです。
私がクレモナに戻った時、忘れられていたら、悲しいです、、。

お土産をありがとうございました。
きちんとお礼も申し上げられず、失礼しました。
次回、またお会いできることを楽しみにしています。
Commented by 菊田 at 2011-06-11 22:49 x
shigeさん、こんにちは。
こちらこそ、あらためて、ありがとうございました。

写真は、今回の帰国中に購入した、コンパクトデジカメで撮影したのですが、とても写りが綺麗で、私もビックリしています。
普段使っているデジ一眼よりも良さそうです、、。

私も、楽器以外にいろいろ作りたいものがあるのですが、なかなか実現は難しいです。
なので、いろいろなことに挑戦しているshigeさんは、いつも尊敬しています。

でも、スクロールの置き物は、、、やっぱり大変そう、、。

新作?ができたら、またぜひ拝見させてくださいね。
もちろん、楽器の方の新作も、楽しみにしています。
ではでは、また。
Commented by kawailaw at 2011-06-19 05:08 x
菊田さん、おはようございます。
日本では、ただいま6/19(日)の朝です。今日は娘は桐朋で実技試験。クライスラーのプニャーニのスタイルによる前奏曲とアレグロを弾きます。まだまだ不十分なところの多い演奏で、先生方の前でこんなの聴いて頂いていいのか??と、親としては不安におののいておりますが、もはや、この現実を受容するしかなく。。。身長も130センチを越えたので、そろそろ。。。ということで、4分の3を探しています。今弾いているのは、知人のご好意でお借りしている1/2。クレモナ在住の日本人の方がお作りになられた2008年作のものです。クレモナの学校をご卒業されて数年くらいの方が丹精込めて作られたというような香りの音色の楽器で、半年弾いてようやく鳴らせるようになってきたので、実技試験に間に合って良かったね!なんて思っております。自由学園におこしになることは解っていましたので、お目にかかりたいところではあったのですが、何せ試験前のバタバタで伺うことができなかったこと、おわびします。また次の機会にお目にかかれればと思います。
Commented by 菊田 at 2011-06-19 15:02 x
kawailawさん、こんにちは。

お嬢様の実技試験、お疲れ様でした。
きっと良い演奏だったと想像しております。

1/2サイズも、クレモナで生まれた楽器をお使いなのですね。
分数サイズの楽器は、手になじんだ頃にお別れなので、寂しい感じもしますね。
でも、3/4サイズになったら、さらに良く響くようになりますので、新しい出会いが楽しみですね。
良い楽器と出会われますよう、祈っております。

秋には、また帰国する予定ですので、そのときにお会いできますことを、楽しみにしております。
お嬢様にもよろしくお伝えくださいませ。
名前
URL
削除用パスワード