58 & ホワイトヴァイオリンのご紹介

7月12日、今年も無事に誕生日を迎えることができました。
この一年も、お世話になった皆様に感謝しつつ、過ごしていこうと思っております。

d0047461_04532202.jpg

50代は、あっという間に過ぎていくような感覚もありましたが、最後の数年間は、数字の進みがゆっくりなような気もします。
それだけ、体力的にも、仕事の面でも、生きていくことの重みが増していることなのかもしれません。
でも、矛盾するようですが、一年が過ぎるのが年々早く感じられるのも事実です。
いずれにしても、大過なく過ごしていられるのは、やはりとても幸運なことだと思います。

さて、今回の写真は、ギターを持ってみました。
以前も何かの記事で書いたと思いますが、私自身の音楽との出会い、そして深くのめり込むきっかけになったのはギターでした。
5月の池袋の展示会の記事で、その出会いに導いていただいた小学校の先生をご紹介しましたが、その出会い以降、ある時期はストイックにテクニックを修得し、ある時期は仲間を集めてバンド活動に熱中したこともありました。

10代の中頃は、畏れ多くも、このままギタリストになるような人生を想像してしまうほど、時間を割いて練習していた時期もありました。
ただ、そのような大それた夢が実現するほど甘い世界ではなく、ある時期からは、仲間と時々セッションすることがなによりも楽しい、アマチュアギタリストの道を歩くことになりました。

10代から20代にかけては、やはりかなり練習しましたので、それなりに指も動き、難しい曲も弾けたのですが、放送局の仕事が忙しくなり、ギターを弾く時間がほとんどなくなってしまうと、あっという間に腕は衰えて、30代は、時々つま弾く程度になってしまいました。

その頃にヴァイオリン製作と出会い、イタリア留学を目指して、仕事をしながら独学で製作の勉強を始めたので、さらにギターを弾く時間は減りましたが、その頃に出会った製作家の大久保さんもギター奏者だったことから、ヴァイオリン談義とともにギター談義も楽しく、どちらかというと演奏するよりもギターの話で盛り上がり、その流れに触発されて、私が子供の頃から憧れていたギタリスト、ドック・ワトソン氏が使っていたギターを何本か購入することになりました。

d0047461_06170862.jpg


今回の写真のギターも、大久保さんと一緒に、大雪の降る中、宇都宮の楽器屋さんまで買いに行った楽器でした。(ギャラガー/ドック・ワトソンモデル)

40歳になり、ギタリストになることと同じくらい大それた決断をしてクレモナに渡ったのですが、ギターを手元に置いておかないと、一生ギターを弾かない人生になってしまう気がして、このギターだけをクレモナに持ってきたのでした。

とはいえ、クレモナでの修行時代、そしてプロになってからも、生活の全てを楽器製作に注ぎ込んでいるような状況が続いておりますので、ギターの腕は年々落ちていくばかりで、楽器がかわいそうだなと心底思う日々が続いています。

また、せっかく10代の頃に真剣に練習した痕跡が、まったく残っていない状況も残念ですので、実はこの数年、少し集中して練習して、記録に残すようなことを企んではいるのですが、少し弾けるようになった頃には帰国の時期が迫ってきて、ギターを弾くどころではなくなってしまう状況が続いていました。

でも、気がつけばあと2年で還暦ですし、ここで本気にならなければ、そういうチャンスは永遠に失われるのではないかという危惧を感じ始めたので、今年こそはと、少し練習を始めたところです。
と、説明がとても長くなってしまい恐縮でしたが、今回の写真がギターなのは、そういう理由です。

練習しても、記録に残せるほどの演奏にはならないかもしれませんが、でも、気が向いたら、こっそりアップするかもしれません。。


さて、長くなってしましましたが、先日、製作途中をご紹介していたヴァイオリンがホワイトで仕上がっておりますので、写真でご紹介いたします。

いつもどおり、ストラディバリ、1705年モデルです。


d0047461_04534561.jpg

今回は、2枚板の楽器です。
少し変化のあるトラ杢で、ニスを塗った時にどのような雰囲気になるのか、楽しみです。


d0047461_04535405.jpg

d0047461_04544907.jpg


d0047461_04543929.jpg


アマティ風のエフもいつもどおりですが、前回製作したクレモネーゼの影響が少しだけ出ているかもしれません。



d0047461_04562397.jpg


d0047461_04555353.jpg


d0047461_04554320.jpg


裏板のコーナー部分の造形です。

d0047461_04542921.jpg


d0047461_04541887.jpg

d0047461_04561216.jpg


ウズマキは、この2年間取り組んできた、黄金期のストラディバリのモデルですが、正直、どの程度、目標に近づいているのか、よく分からなくなってきました。
いずれにしても、毎回、最高のものを目指して集中して取り組むしかないのですが。

d0047461_04564492.jpg

d0047461_04563310.jpg

d0047461_04565466.jpg


後頭部も、毎回悩むところです。


d0047461_04560480.jpg

いろいろな角度から見ても、破綻のないような造形を目指していますが、それがなかなか難しいです。


d0047461_04545877.jpg


d0047461_04552145.jpg

長文御覧いただき、ありがとうございました。
また来年の7月を目指して、健康に気を付けながら精進していきたいと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。


d0047461_04553214.jpg



# by violino45 | 2019-07-12 06:18 | 製作記 | Comments(6)

製作中のストラド1705年モデルと、書籍のご紹介。

池袋の展示会のご報告から、久しぶりの更新になってしまいました。

今回の日本滞在はなかなかハードだったのと、5月は気候の変動が激しくて体調の維持が難しく、後半は少々体調を崩してしまいました。

そのままの状況でクレモナに帰国して、時差ボケの中、なかなか疲れも取れず、仕事も大幅に遅れてしまいつつありますが、春から製作を始めていたヴァイオリンがある程度形になりましたので、ダイジェストになってしまいますが、ご紹介させていただきます。

いつものとおり、横板の曲げ、そして内型への貼り付けから始まります。

d0047461_02583496.jpg


今回の裏板は、2枚板です。
完成した横板の形を写し取り、切り抜いていきます。

d0047461_02584855.jpg


丸ノミによる荒削りから、アーチ作りが始まります。
今までも何度もご説明してきましたが、この時点で完成アーチのイメージを明確に持って、その形にできるだけ近づけながら、バランスに注意して削っていくことが大切です。

d0047461_02585839.jpg


ミニカンナでのアーチ整形で、ヴァイオリンの膨らみはほぼ完成します。

木材の性質に合わせて膨らみ具合を微妙に変えていくことで、理想の音色を目指していきますが、なかなか答えが見つからない作業です。

d0047461_02591627.jpg


いろいろな大きさのカンナを使い分けていきます。

d0047461_02592843.jpg

スクレーパーでの仕上げは、表面を滑らかにする意味合いが大きいですが、でも、この段階でアーチ全体のバランスを調整することも多いです。
表面が滑らかになって初めて見えてくる、微妙な膨らみ具合の違いもあります。

d0047461_02593736.jpg


厚み出しの工程を経て(写真がなくてすみません)、ボディを閉じる作業になります。
厚み出し作業の詰めは十分か、、、バスバーはこれで大丈夫か、、、箱を閉じてしまったら修正できない工程も多いので、毎回、ボディを閉じる前には自問自答の繰り返しとなります。

d0047461_02594680.jpg

d0047461_03000052.jpg



さて、タイトルにも書きましたが、書籍を一冊ご紹介いたします。

演奏家で、指導者としても幅広くご活躍されています、森元志乃さんの著書「ヴァイオリン基礎テクニック、リターンズ!」です。
もともとは、サラサーテ誌にレッスン記事として連載されていたものを、一冊の本にまとめられた内容となっています。
サラサーテ誌でおなじみの、せきれい社からの出版で、1600円+税で発売されています。

d0047461_03405102.jpg



表紙の写真をご覧になって、このブログの読者の方でしたらお気づきになられたと思いますが、私が製作したホワイトヴァイオリンを載せていただきました。
このヴァイオリンは、2018年の9月にクレモナで開催された、トリエンナーレコンクールに出品したヴァイオリンです。
オリジナルの写真は、こちらになります。

d0047461_03403873.jpg


なぜ私のホワイトヴァイオリンを表紙に使っていただいたかですが。
著者の森元志乃さんは、「ヴァイオリン各駅停車」の執筆で有名な方ですが、今回の著書のタイトルにもあるように、基礎的な技術に重きを置いた指導をされています。

また、私のブログは以前からご覧になっていたそうで、ホワイトヴァイオリンが仕上がるまでの工程が基礎的な技術の積み上げであることに共感いただいていたとのことで、今回、この本を出版されるにあたって、演奏の基礎テクニックの再確認という内容にホワイトヴァイオリンのイメージがピッタリとのことで、写真を載せていただきました。


d0047461_03412459.jpg


表紙をめくると、完成したヴァイオリンの写真があります。

d0047461_03410217.jpg


そして、背表紙には、完成したヴァイオリンの裏板の写真も載っています。

d0047461_03411254.jpg


内容は、もちろんタイトル通り、基礎テクニックをじっくりと再確認できる記事が満載です。
演奏技術だけでなく、音楽理論にも踏み込んだ内容で、私の印象では、ある程度レッスンを続けてこられた方が、さらなるレベルアップを目指す際に、もう一度基礎固めをしたいと思った時に、非常に心強く導いてくれる内容ではないかと思います。

d0047461_03413475.jpg


基礎テクニックの修得、そして積み重ねていくことの大切さは、私自身、楽器製作をする中で最も重要視している部分ですので、そのような書籍の表紙に写真を使っていただき、とても光栄なことと思っております。
宮地楽器さんでも購入できますので、ぜひ一度、お手にとって御覧くださいませ。

最後に、いつものホワイトヴァイオリンの場所で、記念撮影です。
ダブルで背景が見える、不思議な写真となりました。。

d0047461_03414455.jpg

# by violino45 | 2019-06-14 04:42 | 製作記 | Comments(2)

池袋の展示会、ご報告。

5月18日と19日に池袋で開催されました、「日本バイオリン製作研究会」の展示会が無事終了いたしました。

多くのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。
長文となりますが、写真にて、ご報告させていただきます。

会場は、池袋アカデミーホール、明るく、広々と落ち着いた会場で、二日間、開催されました。

d0047461_21083027.jpg


今回、私は4台の楽器を展示させていただきました。

d0047461_21091252.jpg


まずは、2017年のヴァイオリン、この2年間、池袋や九段下の展示会の度にお客様からお借りして、出展させていただいている楽器です。

d0047461_21092140.jpg


2011年のヴァイオリン、現在、宮地楽器さんにて試奏見本として常設展示しております楽器です。
先日の吉田直矢さんの演奏会でも弾いていただいたヴァイオリンです。

d0047461_21093120.jpg


2005年のヴァイオリン、数年前まで宮地楽器さんの試奏見本だった、お馴染の楽器です。
14年が経過して、だいぶ音色に変化が出てきました。

d0047461_21093743.jpg

そして、2018年に製作した41.3センチのビオラです。
トリエンナーレコンクールに出品後、現在は宮地楽器さんにて展示されております。

d0047461_21094791.jpg


展示会は二日間、多くのお客様でにぎわいました。
宮地楽器の山本店長も、イタリアからの帰国直後に成田から駆けつけてくださいました。

d0047461_21074219.jpg

私も、たくさんのお客様に試奏いただき、いろいろ貴重なご意見を伺うことができました。
製作者として成長していくためには、やはりこういう経験が欠かせないと、あらためて思った二日間でした。

d0047461_21073549.jpg

いただいたご意見を、自分自身の感覚で確認することも必要な作業です。

d0047461_21072029.jpg


今回も、クレモナの製作仲間である根本和音さんと一緒に参加しました。
以前は、将来有望な若者と紹介しましたが、この数年で、「なかなか手ごわいライバル」に成長しつつあります。

d0047461_21095831.jpg

そして、大切な友人との再会も、展示会の醍醐味となっています。
大久保さんと出会ってから24年、いろいろな事がありましたが、こうして元気に会えるのはとても嬉しいことです。

d0047461_21074988.jpg


そして、今年も松原幸広さんに試奏していただきました。
私が製作した1号機ヴァイオリンを初めて弾いていただいたのも松原さんでしたが、今も、その時とまったく変わらない気持ちで、ドキドキしながらご意見を伺っています。

d0047461_21103175.jpg


さらに、今回はサプライズ的な再会がありました。
私が小学5年生と6年生の二年間、担任を受け持っていただいた、武藤先生です。(中央)

教室にギターを持ち込んで、授業はそこそこにフォークソングを生徒と合唱してしまうような、とても型破りな先生でしたが、私が楽器に興味を持った原点でしたし、私のその後の人生に大きく影響を与えていただいたのは間違いない、大切な恩師です。

d0047461_21081893.jpg


サプライズな再会と書いたのは理由がありまして、この↑写真の左に写っている牧野さんは、武藤先生と長年フォークソングのバンドで一緒に音楽活動をされている方(ギターやバンジョー、マンドリンなどの達人)なのですが、実は牧野さんは、私と一緒にこの展示会で楽器を出展している菅沼利夫さんに、ギターやマンドリンを教えた師匠ということが分かり、ぜひ展示会で再会できればということになったのでした。

というわけで、少し複雑ですが、二組の師弟関係が、それぞれ横にも繋がっていたという、不思議な御縁が引き寄せた、サプライズであったのでした。
貴重な記念撮影↓となりました。


d0047461_22223227.jpg


さて、この展示会の目玉は、やはり、プロの演奏者を招いての、展示楽器を使用しての演奏会かと思います。

今回は、お二人のヴァイオリニストをお招きしての、二日間に渡っての演奏会となりました。
(私はビオラとチェロは試奏に参加しておりませんので、ヴァイオリンだけのご紹介になりますことをご了承ください)

一日目は、昨年と同じく、三澤裕美子さんに2017年のヴァイオリンを演奏していただきました。


d0047461_21085003.jpg



今回は私のリクエストで、モンティのチャールダーシュを演奏していただいたのですが、この曲は、速い音符の繰り返しが多いので、楽器の反応の速さを確認できると思ったのでした。

私の理想の音作りの要素の一つとして、可能な限り反応が早く、でも、音が荒くならずに、丸い粒がシャボン玉のように飛んでいくようなイメージがあるのですが、三澤さんの繊細かつ力強い演奏を聴かせていただきながら、今回はかなりそれに近いイメージを浮かべることができたので、自分としては嬉しい時間となりました。


d0047461_21090434.jpg



二日目は、星野美葉さんの演奏でした。

星野さんは、私がヴァイオリン製作を始めて間もないころ、通算3台目の楽器を弦楽器フェアの試奏コンサートで弾いていただいて以来、20年以上の間、何度も試奏をしていただいておりまして、そのたびに、非常に貴重な勉強をさせていただいております、私としては、とても思い入れの深いヴァイオリニストさんです。

d0047461_21102436.jpg



今回、かなり久しぶりに私の楽器を演奏していただきましたが、ほんとうに素晴らしい演奏で、20年前を思い出しながら聴かせていただき、ただただ感動してしまい、楽器を冷静にチェックはできませんでした。。
ヴィターリのシャコンヌの美しい旋律を、とても綺麗に響かせていただき、嬉しい時間でした。


d0047461_21101356.jpg



今回、初めての試みとして、試奏コンサートの司会者として、プロのアナウンサーさんに来ていただきました。
ケーブルテレビ J:COMのアナウンサー、山縣綾さんの司会により、いままでになく、華やかな雰囲気の試奏コンサートとなりました。

d0047461_21081299.jpg



さて、緊張しつつも楽しく過ごした二日間の展示会でしたが、最後に、もう一つサプライズがありました。

これも今回、初めての試みだったのですが、試奏コンサートに来場いただいたお客様にアンケートをお願いして、音色が気に入った楽器に投票していただくこととなりました。

その投票の結果、二日間を通してのヴァイオリン部門で、私の2017年の楽器が一位となり、優秀賞をいただくことができました。
ビオラ部門の優秀賞は、これもサプライズでしたが、先ほどご紹介した菅沼利夫さんでした。(二位は平田教次さん)
ヴァイオリン部門の2位は、河村盛介さんでしたが、さすが、素晴らしい音色のヴァイオリンでした。


d0047461_04545455.jpg



d0047461_21103798.jpg



正直なところ、試奏コンサートを聴かせていただく中、河村さんはじめ、音の良いヴァイオリンはたくさんありましたので、一位になるのは難しいと思っていましたので、心底ビックリしましたが、とても嬉しい受賞となりました。

とはいえ、私自身、いろいろ今後への課題も見えてきた展示会となりましたので、さらに気を引き締めて良い楽器を目指して精進していきたいと、あらためて思っております。

来年も、ぜひ参加させていただければと思っておりますので、また会場にてお目にかかれます日を楽しみにしております。
長文ご覧いただき、ありがとうございました。

d0047461_21104724.jpg




# by violino45 | 2019-05-20 23:47 | 日記 | Comments(4)

今週末、池袋の展示会でお待ちしております。

今週末、帰国中の最後のイベントとして、池袋での展示会に参加させていただきます。
会場にて、ご来場をお待ちしております。

第17回 日本バイオリン製作研究会 春の展示会

日程:5月18日(土)19日(日) 両日共 10:00-17:00 (入場無料)

場所:東京池袋アカデミーホール
東京都豊島区東池袋1-30-6  ホテルグランドシティの隣
(池袋駅東口徒歩6分 03-3989-0715)

試奏コンサート (私のヴァイオリンは、両日とも、15時からの部で演奏していただく予定です)

18日(土)11:00~      ヴィオラ 石川暁(当会会員)
      13:30~、15:00~ バイオリン 三澤裕美子
19日(日)11:00~      チェロ 植草ひろみ
      13:30~、15:00~ バイオリン 星野美葉

私は、2017年のヴァイオリン、2005年、2011年のヴァイオリン、そして、2018年のビオラで参加の予定です。

今回は、最新作に近い、2017年のヴァイオリンと、2018年のビオラの写真をご紹介いたします。

A.Stradivari、1705年モデルです。
2017年と2018年の池袋の展示会、そして、弦楽器フェアでも展示したヴァイオリンです。
(先日の吉田直矢さんのイベントではご披露しておりません)

d0047461_00190654.jpg


裏板は、少し変化のあるトラ杢です。

d0047461_00194397.jpg


エフとコーナー部分の仕上げです、柔らかさとシャープさの融合は、永遠のテーマです。

d0047461_00200914.jpg


裏板の、コーナー部分です。

d0047461_00204782.jpg


ウズマキは、1715年のA.Stradivari、"Emperor"を意識したモデルとなっておりますが、もちろん完全コピーではなく、自分なりのスタイルを目指して製作しました。

d0047461_00211697.jpg


d0047461_00213879.jpg


d0047461_00220748.jpg
 

ぜひ展示会場にて、実物をご覧いただき、貴重なご意見を伺えれば嬉しいです。

d0047461_00222553.jpg
 

d0047461_00224238.jpg



そして、2018年の秋に製作し、クレモナ・トリエンナーレ製作コンクールに出品したビオラです。
先日の、大阪での展示会にも出展いたしました。
サイズは41.3センチ、A.ストラディバリのモデルです。
このビオラは、現在、宮地楽器小金井店において常設展示されておりますので、展示会と併せて御試奏いただければ嬉しいです。

d0047461_19352242.jpg


裏板は、少し地味目の二枚板ですが、音響的に厳選して選びました。
音色として目指したのは、どちらかというと、ソロ演奏向きの、力強さ、張りの強さを持ったビオラです。

d0047461_19343420.jpg


エフは、ヴァイオリンと同じく、少しアマティの雰囲気を残したデザインのモデルを使いました。

d0047461_19354663.jpg


裏板のコーナー部分です。

d0047461_19351632.jpg


ウズマキは、ストラディバリの黄金期のイメージを目指していますが、ビオラはサイズによって微妙にバランスが違ってきますので、ヴァイオリンとはまた違う難しさがあります。

d0047461_19363162.jpg


d0047461_19355221.jpg


d0047461_19363659.jpg


ビオラ演奏家の皆様、ぜひこの機会に御試奏いただき、ご意見をいただければ嬉しいです。
会場にてお待ちしております。

d0047461_19354053.jpg


d0047461_19352819.jpg

# by violino45 | 2019-05-14 20:00 | お知らせ | Comments(2)

5/6 宮地楽器さんでのイベントのご報告

5月6日の、吉田直矢さんによる演奏会が無事に終了いたしましたので、写真にてご紹介いたします。

私が製作したヴァイオリンを新旧6台取り揃えて吉田直矢さんに演奏いただくという企画、楽器製作者として非常に光栄で、かつ、とても緊張もする演奏会となりました。

演奏会そのものは、吉田さんの素晴らしい演奏の数々で、大成功に終わりましたが、私自身も、楽器による音の違いを身を持って実感でき、また、私がヴァイオリン製作に向き合う姿勢、気持ちを、あらためて自己確認できた、非常に貴重な機会となりました。

楽器は、左から、昨年秋にトリエンナーレコンクールに出品したヴァイオリン、続いて2018年、2017年のヴァイオリン、完成したばかりの2019年クレモネーゼモデル、そして、2011年、2005年のヴァイオリンの6台となります。


d0047461_18595539.jpg



開演前、宮地楽器の山本岳志さんとの記念撮影です。
吉田直矢さんとの出会いは2005年、そして山本との出会いも2005年です。
14年間、さまざまなイベントでご一緒してきましたが、今回の演奏会は、一つの集大成でもあり、また、令和という新しい時代へ向けてのスタートとも言える、感慨深い時間となりました。

d0047461_19002204.jpg


大型連休最後の貴重な日にもかかわらず、大勢のお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

d0047461_19002781.jpg


リサイタルは、吉田直矢さんの迫力のある演奏から始まりました。
今回は、私たちもステージ上で聴かせていただきましたが、開演と同時に、演奏のエネルギーが一気に会場に飛んで行き、一瞬で吉田さんの音楽の世界に染まる様子を目撃できました。


d0047461_19003582.jpg


d0047461_19000750.jpg


力強い弓使いで、一気に会場を音楽の世界に引き込んでしまう吉田さんの演奏、そのパワーに私の楽器が応えていけるのか心配でしたが、それぞれの楽器の特徴を上手く引き出していただく素晴らしい演奏で、安心して聴かせていただくことができました。

d0047461_19004280.jpg


ピアノは、山本有紗さん、ソロ活動のほか、アンサンブルやバンドで幅広く活躍されています。
プロフィールはこちらでご覧いただけます。
https://musica-celeste.com/member/piano/arisa-yamamoto
素晴らしい演奏をありがとうございました。
吉田さんのパワフルな演奏に負けないばかりか、さらにそのエネルギーを引き出していくかのような、力強いピアノ演奏でした。

d0047461_19005477.jpg

演奏会は、楽器の弾き比べコーナーを交えながら、楽しく進行していきました。

d0047461_19010010.jpg


司会の山本さんはいつもどおり軽妙なトークで、会場のお客様と楽しい交流をさせていただきました。

d0047461_19015390.jpg

吉田さんも、私との出会いのエピソードや、ご自身のヴァイオリンとの関わりなどを交えながら、楽しいお話しをしていただきました。

d0047461_19010873.jpg


私自身も、楽器製作への思いや、お客様に楽器を届けるまでの気持ちなど、いつもながら拙いトークで恐縮でしたが、精いっぱいご説明させていただきました。
楽器のモデルや製作年代による微妙な音色の違いなど、なかなかマニアックなテーマもありましたが、少しでも楽器製作について親しみを持っていただけましたら、製作者としてとても嬉しいです。

d0047461_19011385.jpg


演奏会の後半は、さらにエネルギッシュな演奏となり、会場も一体となって盛り上がりました。

d0047461_19001451.jpg

全身を使ってのパフォーマンス、けっして見た目だけのものではなく、音が、さらに強い塊となって飛んでいく事実を、会場のお客様は実感されたと思います。

d0047461_19012989.jpg



聴いている私自身も、真剣な表情です。
楽器が吉田さんの演奏に応えられているのか、心配な表情でもありますし、こういう弾き方にはこういう音が出るのか、または音が出ないのか、冷静に心に刻もうとしている製作者としての顔でもあります。

d0047461_19011759.jpg



無事に演奏会は終了しました。
吉田直矢さん、山本有紗さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

d0047461_19014842.jpg



令和の時代の幕開けを、このような素晴らしい演奏会で迎えることができまして、製作者としてとても幸せな一日となりました。

あらためて、吉田さん、山本有紗さん、宮地楽器のスタッフの皆さま、そして、ご来場いただきましたお客様に厚く感謝申し上げます。

d0047461_19015859.jpg



終演後も、吉田さんは最後までお客様との交流を大切にされていました。
演奏家としても、一人の人間としてもすばらしい吉田さんとご一緒できたのは本当に光栄な出来事でした。

d0047461_19020421.jpg



お客様が帰られて、夢のような一日が終わり、山本さんとの2ショットです。
山本さんはセールの最終日、私は大阪の展示会の直後と、二人とも体力的には限界で、最後は座り込んでしまいましたが、もちろん、最高に心地よい疲労感でした。

あらためて、弦楽器製作者になってよかったと、心から思う一日となりました。
これからも、よりよい楽器を目指して精進していきたいと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

d0047461_19021271.jpg




# by violino45 | 2019-05-07 19:54 | 日記 | Comments(2)