最新作ヴァイオリン、音のテスト。

前回の記事でご紹介しましたヴァイオリン、最終調整の時に動画を撮影しておりました。

いつもながら拙い演奏ですが、私が普段、どのような感じで音の調整をしているのか、一部分ではありますが、ご覧いただければ嬉しいです。




ご視聴いただき、ありがとうございました。

完成したばかりのヴァイオリンに求められるものは、やはり、十分な音量が出て、元気に鳴ることが一番大切なのですが、音楽を演奏するための「楽器」という観点では、他にも重要な性能が求められます。

その1つが、各弦の音量バランスと、音色の統一性です。
製作コンクールでは、この項目だけで多くの点数を占めるほど、重要視されています。

動画では、最初に、弦を変えながら、同じフレーズを弾いて、そのバランスを確認しています。
2弦に渡るフレーズなので、移弦する時に、音色の変化に違和感がないかも確認します。

次に、これも2弦に渡るテストですが、ハイポジションを使ったオクターブ音階と、移弦をしながらの音階で、その音色を比較します。
移弦の時に大きな違和感があると、音楽的なつながりが表現し辛い楽器になりますので、その点をチェックしますが、かといって、ポジションによっての音の変化が無いと、表現力の幅が狭い楽器となりますので、そのバランスは難しいところです。

最後に、ラ・フォーリアの旋律を、1弦ずつ変えながら弾いています。
弦によって印象が異なるのは当然ですが、それでも、一つの楽器で演奏している統一感があることが重要です。

私が求める理想の音色としては、
どの弦の、どの音域で弾いても、一つのヴァイオリンの音としての統一感がありつつ、さらに、それぞれの音域が、豊かな個性を持って響くという感じです。

これは、大きな矛盾を抱えた2面性の両立でもありますので、なかなか難しいことではありますが、完成したヴァイオリンの調整の際には、いつも意識しています。

もちろん、音に関する条件は、木材の選定から、アーチの削り、厚み出し、ニス、その他多くの要素が絡むのですが、最終調整に時間をかけることで、より良い音色の楽器に仕上げることができるのも事実です。

これらの音質チェックは、ほんの一例で、実際には、いろいろなパターンを組み合わせながら試奏を繰り返し、音を仕上げていきます。

ご覧いただき、ありがとうございました。


さて、突然ですが、菊田家の家族が増えました。
しかも、いきなり、2頭も(笑)

ビッキー(生後4か月、男の子)

最新作ヴァイオリン、音のテスト。_d0047461_13533755.jpg



そして、くろ丸(生後6か月、男の子)です。

最新作ヴァイオリン、音のテスト。_d0047461_13533733.jpg



この2頭の生い立ちや、菊田家に来ることになった経緯は、いつものことながら、書き始めると非常に長くなりますので、また別の機会を見つけてご紹介したいと思っております。

おかげさまで、ちび丸とビビ丸とも、仲良く過ごしています。

最新作ヴァイオリン、音のテスト。_d0047461_14020304.jpg

最新作ヴァイオリン、音のテスト。_d0047461_14020322.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
11月の声も聞こえてきて、いよいよ秋も深まってきましたが、皆様、お体にはお気をつけてお過ごしください。


最新作ヴァイオリン、音のテスト。_d0047461_16262602.jpg



# by violino45 | 2021-10-23 16:28 | 製作記 | Comments(2)

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。

4月にホワイトで紹介しましたヴァイオリン、完成してから少し時間が経ちましたが、動画と写真でご紹介いたします。

ホワイトヴァイオリンの記事は、こちらです。
https://violino45.exblog.jp/28536286/


新作ヴァイオリンの動画はこちらです、4分ほどの内容です。
今回は、少し回してみました(笑)




ご視聴いただき、ありがとうございました。
カエデ材のトラ杢は、見る角度によって模様が変わり、独特の美しさがありますが、今回、その模様の変化を動画でお伝えできればと思い、回転させてみました。
長い年月、カエデ材が成長する過程で生まれたトラ杢の美しさを、動画で少しでもお伝えできましたら嬉しいです。


では、以下、写真でもご紹介させていただきます。

モデルは、いつも通り、A.ストラディバリ、1705年モデルです。
2005年に、ラザーリ師匠から受け継いで以来、メインで製作しているモデルとなります。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14111276.jpg


裏板は、変化のあるトラ杢の2枚板を使用しました。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14111324.jpg


エフは、ストラディバリがアマティの弟子だった頃の、柔らかい雰囲気のモデルです。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14111372.jpg


コーナー部分の仕上げ、そしてパーフリングの造形も、ラザーリ師匠のスタイルを目指して製作しています。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14111339.jpg



ウズマキは、ストラディバリの黄金期、1700年以降の雰囲気を目指して製作しています。
オリジナルは、力強さとエレガントさ、繊細さのバランスが絶妙の造形ですが、それを実現するのは難しいです。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14111359.jpg

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14111398.jpg

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14111217.jpg



ここからは、ギャラリー的に、別アングルの写真をご覧ください。

裏板のトラ杢は、もちろん静止画でも美しいです。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14374434.jpg

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14374437.jpg


コーナー部分の仕上げ。
 
新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14374574.jpg


エフは、正面からのシルエットだけでなく、立体的な造形も重要です。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14374414.jpg


表板のアーチと、うまく溶け合う造形を目指します。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14374468.jpg


コーナー部分との位置関係、バランスも大切です。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14374449.jpg



弦の振動は、駒から表板に伝わり、横板と魂柱を通して裏板に届き、ヴァイオリン全体が振動します。

エフの位置や形も、音色に影響します。
ヴァイオリンの音色は、いろいろな要素が複雑に絡み合うことで、成り立っています。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14374464.jpg

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14374453.jpg



一方、、ウズマキは、音にはほとんど関係ない部分ですが、、
コンクールでは厳しく採点されますし、製作者にとって、とても大切な部分でもあります。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14371551.jpg

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14371522.jpg



エフと同じように、どの角度から見てもバランスが良い造形を目指して仕上げます。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14371663.jpg


新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14371504.jpg



長文、ご覧いただき、ありがとうございました。

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14371628.jpg

新作ヴァイオリン 動画と写真でご紹介します。_d0047461_14371686.jpg


# by violino45 | 2021-10-13 03:42 | 製作記 | Comments(2)

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ

トリエンナーレとモンドムジカが終わり、クレモナはいつもの静かな町に戻りました。
10月になると、一気に気温が下がり、そろそろ暖房を入れたくなってきます。

ガルネリ、カノン砲モデルの製作も再開です。
今回は、ウズマキの製作の様子を、写真にて少しご紹介します。

実物大のポスターを参考に、製作していきます。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02471415.jpg


まず、アウトラインを切り抜き、整えます。
このアウトラインは、最終の仕上げラインでもありますので、慎重に作業します。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02471573.jpg


ノコギリや丸ノミを使って、ウズマキの一周目を削ります。
最終的には、全体のバランスを見ながら修正しますが、この時点でも、しっかり仕上げておくことが重要です。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02471590.jpg


モラッシー派のスタイルでは、この時点で面取りをして、面取りをウズマキの造形のひとつとして、バランスを取っていきます。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02471598.jpg


二週目を荒削りしたところです。
だいぶ、ウズマキっぽくなってきました。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02471562.jpg


目玉の部分を掘り込み、ウズマキの形ができあがります。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02471521.jpg


全体を面取りして、初めてウズマキの造形が見渡せるようになったら、そこから細かく修正していき、最終的に仕上げます。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02471687.jpg



今回は、ガルネリモデル、しかも、特徴のあるカノン砲モデルなので、いつも製作しているストラディバリモデルとは造形が異なり、やはり戸惑う部分も多かったですが、時々、違うモデルで製作することで、ストラディバリモデルへの新たなインスピレーションを得ることもでき、楽しく作業しておりました。


左が、今回のガルネリモデル、右が、いつものストラディバリモデルです。
アウトラインの違いはあまりないのですが、ガルネリは、二週目が大きく、また、目玉に向かうラインが大胆で、印象的です。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02471405.jpg


正面から見ても、その造形の違いが面白いです。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02464960.jpg


斜めから。
やはり、全体的にストラドモデルのほうが繊細でエレガント、ガルネリモデルは、大胆で力強い印象でしょうか。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_02465008.jpg


ウズマキの製作の様子は、以前、動画でもご紹介しております。
ストラディバリモデルのウズマキでの製作の動画です、よろしければご覧くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?v=FXxqa05il8Q




さて、冒頭にも書きましたが、クレモナもだいぶ寒くなりました。
窓を開けっぱなしにできる季節は、もう終わりそうです。
猫たちがベランダで遊ぶ姿も、もうしばらくしたら見られなくなりそうです。


ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_04342969.jpg



ちび丸の最近のお気に入りは、網戸越しの窓から見る風景です。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_04343020.jpg



呼びました?

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_04363546.jpg




ビビ丸は、窓には登れないので、ちょっと可哀そうです。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_04342914.jpg




相変わらず、微妙な距離感の二匹ですが、大きなケンカをすることもなく、お互いに、自由に過ごしている感じです。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_04343058.jpg



寒いクレモナの冬が始まりますが、元気に過ごしてほしいと願っています。

ガルネリ、カノン砲モデルのウズマキ_d0047461_04343084.jpg




# by violino45 | 2021-10-06 05:28 | 製作記 | Comments(2)

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)

「クレモナ・モンドムジカ 2021」、9月24日から3日間、開催されました。
昨年はコロナ禍の影響で中止でしたので、二年ぶりの開催となりました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06090592.jpg


この見本市会場、実は、春からワクチン接種の会場として使われておりました。
写真は、今年4月のものです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06083949.jpg


私も2度、接種に通いましたが、いつもはモンドムジカで賑わう会場でのワクチン接種、複雑な心境でした。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06083989.jpg


今年も開催を危ぶむ声もありましたが、ワクチン接種が進んだおかげで感染数が落ち着き、奇しくも、同じ会場でモンドムジカを開催することができたのでした。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06090524.jpg


二年ぶりに眺める、数多くのヴァイオリンが並ぶ光景、多くの人が喜ばしい気持ちで眺めたことと思います。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06090560.jpg


おしゃれな展示ブースも、モンドムジカの風物詩です。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091683.jpg


そして、もう一つの嬉しいニュースは、私が所属する団体、ALI (イタリア弦楽器製作者協会)の公式ブースが復活したことでした。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091795.jpg


私も、メンバーとしてヴァイオリンを出展しました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085121.jpg


最新作はトリエンナーレコンクールに出品してしまったので、2005年に製作したヴァイオリンを展示しました。
この楽器は、今まで、弦楽器フェアや、池袋、大阪の展示会などで展示して、多くの方に御試奏いただいたヴァイオリンです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085195.jpg



自分の名前が、クレモナの製作者として紹介されているのは、なんとも嬉しいことですね。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085146.jpg


光栄な場に展示されて、楽器も喜んでいるように見えました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085194.jpg


製作者同士の意見交換も、楽しい時間です。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06083924.jpg


ラザーリ師匠は、1995年に製作した楽器を展示されてました。
まだ30代半ばの若い頃の作品、貴重なヴァイオリンです。
1995年と言えば、私がヴァイオリン製作を始めた年でもあり、そういう意味でもご縁のある楽器です。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06090489.jpg


ラザーリ師匠との記念写真です。
思えば、師匠に初めて声をかけたのが、クレモナに来て2年目、このモンドムジカ会場でした。
それから20年近く過ぎ、数多くの出来事がありましたが、こうして同じブースで楽器を展示できるのは、なにより嬉しいことです。
ラザーリ師匠との出会いは、また思い出話として書かせていただく予定です。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06094270.jpg


そして、ラザーリ工房にて共に兄弟弟子として学んだ、アレッサンドロ・メンタさんも一緒に。
最近はなかなか3人で記念撮影できる機会がなく、貴重な写真となりました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06094106.jpg


さて、以降は、モンドムジカの雑感を写真とともにランダムにお伝えいたします。

モンドムジカと言えば、製作家にとって、材料を仕入れることができる貴重な機会となっています。
皆さん、真剣に選んでいます。
「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085174.jpg


木材の産地によって、材質や見た目の印象が変わってきますので、どのお店で買うかどうかは、とても重要な選択となります。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085273.jpg


こちらは、ヴァイオリンの表板で有名なお店です。
私も今回、何枚か仕入れました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06090446.jpg


こちらは、魂柱の束ですね。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091639.jpg


駒も、いろいろなタイプのものが売られています。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06084091.jpg


コントラバスの裏板です、さすがに大きいです。
チェロの一枚板とヴァイオリンが2枚取れる材料も売っていて、思わず連れて帰りたくなりますが、、予算オーバーでした。。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085027.jpg


会場では、貴重なオールド楽器も見ることができ、勉強になります。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091581.jpg


こちらは、J.B ヴィヨームの作品です。
見事なストラディバリのコピーモデルで、ストラドモデルをメインに製作する私としては、ある意味、本物よりも参考になる部分があったりします。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06090310.jpg



ここからは、少し変わり種の楽器の写真です。
細かい彫刻のヴァイオリン、、透けています。音を聴いてみたい気もしますが、、

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06083980.jpg


ストラディバリさん、裏板のデザインとしてヴァイオリンに描かれることになるとは、想像していなかったでしょうね。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06084158.jpg


怪獣映画に出てきそうなデザイン、調弦の時に手が痛そうです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085089.jpg


こちらは、毎回展示されている楽器(ギター?)ですが、演奏し辛そうです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093381.jpg


きらびやかな、マンドリン。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093231.jpg



こちらは、ギブソン社の貴重なフラットマンドリン、1923年製、F4モデルです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093211.jpg



巨大なマンドリン、いわゆるマンドロンチェロでしょうか。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091655.jpg


モンドムジカでは、アコーディオンの展示も目を引きます。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091756.jpg


イタリアでは、アコーディオンの製作も、かなりの歴史があるようです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091544.jpg


「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091715.jpg


豪華なヴィンテージアコーディオン、美しいです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06091757.jpg



小物系の楽器も、楽しいです。
こちらは、オカリナ。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06084016.jpg


パンフルート

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06084077.jpg


そして、カリンバです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06084078.jpg


チェンバロも毎回展示されています。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06090459.jpg


なぜか、管楽器のショーケースもあります。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06132004.jpg


ブースによっては、楽しいセッションを聴くこともできました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06085055.jpg

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06090406.jpg


さて、今年はお目当てのマーチンギターのブースが無く残念でしたが、エレキギターのブースで貴重な楽器を見ることができました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093254.jpg


フェンダーのストラトキャスター、1955年製です。
ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、リッチー・ブラックモアなどの使用で有名なストラトキャスターですが、製造の初年度は1954年で、ヴィンテージ市場では非常に高値になっています。
この1955年は、翌年の製造ですが、それでも常に数百万円で取引される貴重なコレクションで、なかなか目にするのも難しいギターです。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093194.jpg


貴重なギターとともに、記念写真です。
ヴァイオリンブースに居る時より、元気そうに見えるのは気のせいでしょうか(笑)

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093208.jpg


そして、もう一つ、サプライズがありました。

昨年12月に他界したギタリスト、トニーライスの使用していたギターを忠実に再現して製作したモデルです。
トニーライスファンとしては、見逃すわけにはいきません。
作者は、レオナルド・ペトルッチさん、ローマ在住の製作家です。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093338.jpg


トニーライスモデルは、大手のギターメーカーも発売していますが、個人ルシアー、しかもイタリア人の作品は珍しいです。
イタリアで発刊されたギター雑誌の、トニーライス特集の号とともに展示されていました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093301.jpg

感激して見ていたら、製作者のレオナルドさんが登場、トニーライスとブルーグラス音楽について、楽しくお話させていただきました。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_06093112.jpg


長々と失礼しましたが、ご覧いただきありがとうございました。

昨年のロックダウン時、ゴーストタウンを経験したクレモナで、再び、このような音楽と楽器の祭典が開催できたこと、そして、私自身、ALIのメンバーとして楽器を展示できて、とても嬉しい経験となりました。
日本でも、来年こそは展示会が復活し、会場にて皆さまと再会できる日が来ることを、今から心待ちにしております。

「クレモナ・モンドムジカ 2021」のご報告 (かなりの長文です)_d0047461_08014736.jpg



# by violino45 | 2021-09-30 13:49 | 日記 | Comments(2)

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)

クレモナで3年に一度開催される、「トリエンナーレ・弦楽器製作コンクール」、9月22日の表彰式をもって無事終了しました。

会場は、いつもどおり、ポンキエッリ劇場です。
トリエンナーレは、ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの4部門で、世界中から250台以上の楽器が集まって競われる、世界最大規模のコンクールです。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03180348.jpg


その、最難関と言っても過言でないコンクールで、根本和音(ねもとかずね)さんが、チェロ部門で第一位、ゴールドメダルを受賞されました。
おめでとうございます!

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03180495.jpg


日本人がトリエンナーレで優勝するのは、1982年の、園田信博さん以来、39年ぶりの快挙となります。
根本さんは、優勝の他に、クレモナ・モンドムジカ賞(翌年、モンドムジカでブースを出展できる)、さらに、イタリアで活動する外国人製作家に与えられる特別賞も受賞しました。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03180364.jpg


根本さんのチェロは、記念コンサートで演奏されました。
力強く、伸びやかに響くチェロの音色でした。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03180446.jpg


もう一つのニュースは、同僚の高橋明さんが、ALI賞(イタリア弦楽器製作家協会賞)を受賞されました。
ALIは、故ジオ・バッタ・モラッシーさんが中心となり、1980年に設立した団体です。
ALI賞は、モラッシーさんの製作手法を基盤とした、イタリアン・スタイルの楽器を高いレベルで実現した製作者に贈られる特別賞で、とても名誉な受賞です。
今回の審査員の一人である、シメオネ・モラッシーさんから、賞状とパネルが贈られました。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_04033957.jpg


高橋さん、おめでとうございます。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03180469.jpg


チェロ部門の第三位、ブロンズメダルには、同点で永石勇人さん、そしてポーランドのマーティン・クルッパさんが入りました。
マーティン・クルッパさんは、弟のクリストフさんと共に、長年、コンクールの上位入賞の常連で、友人であり、強力なライバルでもあります。
今回も、チェロでのブロンズメダル、さすがの実力です。
永石さんは、私と同じ時期にクレモナで学び、長年活躍された後、現在、アメリカに拠点を移しながら製作活動されています。
永石さんも、コンクールでは常に上位の成績を残す実力者です。
お二人、おめでとうございます。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_15040994.jpg



そして、こちらも、長年のライバルで友人のマルコ・オジオさんが、ビオラ部門でファイナリストとなり、表彰を受けました。
奥様の陽子さんと一緒に。
おめでとうございます。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03180366.jpg


私は残念ながら表彰台には登れませんでしたが(涙)、日ごろから切磋琢磨している仲間が多く受賞し、とても嬉しい夜となりました。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03180399.jpg


さて、同僚の高橋明さんとの関係は、今までもたくさん紹介しておりますので、今回は、根本君について、少しご紹介したいと思います。(ここから、君付けで失礼します)

根本君は、15歳の時に単身でイタリアに渡り、クレモナの製作学校に入学しました。
製作学校卒業後は、イタリア人マエストロの元で研鑽を積みながら楽器を製作する日々でしたが、なぜかその頃は、私たちとの交流はありませんでした。
ですが、2013年頃、あるきっかけで知り合い、それからは、定期的にヴァイオリンを見せに工房に来てくれるようになりました。

その頃の根本君の楽器は、まだまだ粗削りというか、若さあふれる仕上がりで、また、製作スピードがとても早く、落ち着いて作業できていない様子が楽器から伝わってきました。
なので、毎回、楽器を見るたびに、高橋明さんと口をそろえて、「もう少し、一台一台、丁寧に作業したほうが、良い楽器に仕上がるし、製作家としての成長も早くなるよ。」と伝えていました。

ですが、なかなか私たちの希望通りにはならず(笑)、しばらくは、荒っぽい楽器の時代が続きましたが、でも、その中に、キラリと光るものがあることは、明さんと共に感じていました。

そんな彼も20代の後半になり、プロの製作者として登録するタイミングで、フランチェスコ・トト氏の工房に入ることになり、その頃から、じっくりと仕上げた楽器が多くなってくるのを感じていました。

特に、チェロ製作の名手であるマエストロ・トト氏の影響で、チェロの製作に関して目覚ましい成長を感じたのはこの頃でした。

2017年からは、池袋の展示会に一緒に参加するようになったのですが、2019年の展示会の時に、このブログで書いた、「今までは、将来有望な若者と紹介してきたが、この数年で、なかなか手強いライバルになった」という言葉は本心でしたし、今回のトリエンナーレで、その予感が現実のものとなったわけです。

長々と書きましたが、根本君のお父さんは私と同い年で、私に子供がいたらこんな感じなのかな~と思っていましたし、直接、弟子として教えたことはないのですが、時々、楽器を拝見しながら、その成長を楽しみに見守ってきたので、今回の受賞はとても嬉しいのです。
以下、少し思い出の写真です。

3年前の2018年、ミッテンバルトのコンクールの時は、一緒に楽器提出に行きました。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03185114.jpg



同じ年の、トリエンナーレの楽器提出、明さんと一緒に。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03185181.jpg


2019年の5月、池袋の展示会にて。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_04345736.jpg



そして、今回の楽器提出、このチェロが数週間後に優勝するとは、この時点で予想した人はどれくらいいたでしょう。。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03185187.jpg



提出が終わり、製作仲間の坂本忍さんとともに、ほっと一息です。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03185174.jpg


おまけ写真です、根本君と知り合ったきっかけは、実は楽器製作ではなく、テニス仲間としてでした(笑)
テニスコートへの行き帰りの車の中で、よくヴァイオリンの話もしたものでした。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03185113.jpg


根本君の話は、ここまでです。
大きなコンクールで優勝して、これから、世に出る機会が多くなると思いますが、まだまだ30歳の若者ですので、地に足をつけて、さらに成長を目指して精進して欲しいと願っています。


さて、長くなりましたが、私自身のコンクールの話も、ご報告します。

表彰式の翌日から、ヴァイオリン博物館にて、参加作品の展示会が開催されます。
ヴァイオリンだけでも150台ある展示の中から、自分の楽器を探すのは難しいです。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03380021.jpg


入口に近い、下位のグループから見始め、上位に向けて順番に歩いて行ったのですが、最後のグループの中に自分の楽器があるのを発見して、正直、ホッとしました。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03375992.jpg


正確な順位は公表されないのですが、ファイナリストの楽器から順番に数えていくと、どうやら15位くらいのようでした。
上位6台のファイナリストに入れなかったのは残念ですが、150台の中での15位は、正直なところ、十分な成績でした。
というのも、上位50台くらいの楽器を見ると、その多くが、歴代のコンクールでの優勝者や上位入賞者が占めているからです。

激戦の中、耐えてくれたヴァイオリン、お疲れ様でした。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03381413.jpg


ふと、隣を見ると、なんだか見覚えのあるヴァイオリンです。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03381558.jpg



名札を見てビックリ、高橋明さんのヴァイオリンでした。(ALI賞の札も付いてます)

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03381469.jpg



なんと、私のヴァイオリンより一つ上の順位が、明さんだったのです。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03381406.jpg


思い返せば、6年前の2015年のトリエンナーレでは、ビオラが隣同士(17位と18位)で、その時は私が上位でしたが、同じ工房で仕事をしているとはいえ、こういう事が重なるのは単なる偶然とは思えないですね。

その横並びの頂点だったのが、2007年のチャイコフスキーコンクールでの、1位と2位でしたが、それ以外にも、2005年のチェコのコンクールでは明さんが優勝で私が4位、2013年のスロバキアでは、明さんが優勝で私が3位と、思えば、製作コンクールではいつも明さんとは近い位置に居たような気がしています。

いずれにしても、クレモナで20年間、お互いに切磋琢磨してきたライバルなので、隣同士で、しかもファイナリストまであと一息という順位で展示されているのは、やはり嬉しいことです。
どこか似た雰囲気の楽器ですね。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03381490.jpg


せっかくなので、記念写真を一枚。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03381512.jpg


ちなみに、ヴァイオリン部門は優勝者は無く、2位、シルバーメダルが最上位でした。
こちらが、シルバーメダルの楽器です。(Piotr Pielaszek Poland)

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03380144.jpg


ビオラ部門も残念ながら一位はありませんでした。
こちらがシルバーメダルのビオラです。(Crabbé Emilio Kusi Taiwan)

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03375947.jpg



こちらが、ゴールドメダルの根本君のチェロです。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03380024.jpg


裏側は、こちら。(一番手前です)

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03380049.jpg


コントラバスの優勝楽器(手前)は、最優秀音響賞も受賞しました。(Mariotto Guido Italia)

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03381465.jpg


さて、この展示会の初日は、審査員が会場内に常駐して、製作者が楽器についてのアドバイスを受けることができます。

シメオネ・モラッシーさんにヴァイオリンを見てもらいました。
緊張します。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03380071.jpg


各部の仕上げや、ニスの色合いなどについて、貴重な意見を伺うことができました。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03380048.jpg


審査は、もちろん名前を伏せた楽器で行われたのですが、シメオネさんはこの楽器について、最高点に近い点数を付けたとのことでした。

日本でヴァイオリン製作していた時から、モラッシーさんの楽器に憧れて、さらに、弟子だったラザーリ師匠の楽器に衝撃を受けてクレモナに留学し、今日まで、他のスタイルには目もくれずに製作に没頭してきた私としては、なによりも嬉しく、励みになる言葉でした。

とは言え、今回のコンクールで新たな課題も見えてきましたので、これからも、さらに良い楽器を目指して、日々精進していきたいと思っております。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_03380051.jpg


長文、ご覧いただき、ありがとうございました。
最後に、今回の参加ヴァイオリンを写真でご紹介いたします。

A.ストラディバリ、1705年モデルです。
今回は、表板が一枚板、裏板が2枚板という、少し変則的な構成です。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_07301308.jpg

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_07301364.jpg


エフは、いつものアマティ風のスタイルです。
表板が一枚板ということが関係して、少し年輪の幅が広いです。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_07301388.jpg



トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_07301314.jpg



ウズマキは、いつもどおり、ストラディバリの黄金期のスタイルを目指して仕上げています。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_07301227.jpg



トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_07301203.jpg



トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_07301344.jpg



裏板は、変化のあるトラ杢の二枚板を使いました。

トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_07301350.jpg


これで本当に最後です、長文をご覧いただき、本当にありがとうございました。

クレモナはコンクールが終わり、週末のモンドムジカに突入します。
後日、またご報告させていただきます。


トリエンナーレ・コンクール2021のご報告(すごく長文です)_d0047461_16270982.jpg



# by violino45 | 2021-09-24 07:52 | 製作記 | Comments(4)