アマティモデルバイオリン、、(やっと)完成。

冬の間に製作しておりました、ニコロ・アマティモデルのバイオリンが、やっと完成しましたので、、ご紹介しておきます。

こちらが、今回モデルとしてコピーした、1666年製のニコロアマティです。
d0047461_212168.jpg

そして、こちらが、今回、製作したアマティモデルの楽器です。
撮影の都合で、少し赤くなってしまいましたが、実際は、もう少し薄い茶色です。
少しは、雰囲気が出ていますでしょうか?
d0047461_235147.jpg

裏板は、細い虎杢で、繊細なアマティモデルに似合っていると思います。
d0047461_251482.jpg

コーナー部分やエフも、ストラドモデルに比べると全体に丸みを帯びています。
d0047461_263098.jpg

d0047461_264884.jpg

渦巻は、もっともアマティらしさを表現できる場所なのですが、、
今回は、製作中、繊細さが少し足りなかったかなと、心残りな部分ではありましたが、ニスを塗ってみたら、それなりにかわいい渦巻に仕上がりました。
d0047461_295351.jpg

d0047461_2101323.jpg

少し、ギャラリー風にご覧くださいませ。。
d0047461_211123.jpg
d0047461_2111953.jpg
d0047461_2114767.jpg
d0047461_21297.jpg
d0047461_2124099.jpg
d0047461_2125236.jpg
d0047461_213774.jpg

肝心の音色ですが、、、
やはり、ボディが絶対的に小さい分、朗々とした低音というわけにはいかないですが、中低音からA線にかけての美味しいところや、E線などは張りがありながらも丸く、かわいい音色に仕上がったと思います。
録音が上手くいきましたら、何らかの形でお聴かせできるようにしたいと思っておりますが、、、できるかな、、、。

モスクワ滞在記、私がもたもたしている間に、高橋明さんが素晴らしい編集でご紹介くださいました。
ぜひ、ご覧くださいませ。
高橋明ヴァイオリン工房ブログ
あ、私も、アップするつもりですので、、、
by violino45 | 2009-06-10 02:19 | 製作記 | Comments(10)
Commented by たか at 2009-06-10 12:43 x
アマティ・モデル素晴らしいです・・・。
今までの菊田さんの楽器とは異ったテイストに感じます。
繊細で存在感がある風貌・・・美しい音色が聞こえてきそうです!
Commented by かとう at 2009-06-10 15:32 x
菊田さん、こんにちは。
遂にアマティモデル完成ですね、おめでとうございます。
どの角度から見ても、柔らかい雰囲気で、いいですねぇ。
裏板のトラ杢も、ニス塗り後は更に素敵です。
ところで、サイズと音色のお話がありましたが、菊田さんのストラドモデルやガルネリモデルと比べると、どれくらい小さいんですか?
Commented by 菊田 at 2009-06-11 07:05 x
たかさん、こんにちは。
はい、、ストラドモデルですと、重厚な雰囲気の仕上げがマッチするのですが、アマティの場合、少し軽い感じの仕上げの方が雰囲気が出ると思い、ニスの質感などは今までの作品とは異なったテイストになっていると思います。
音色は、最初は少し硬い感じでしたが、、徐々にふくらみのある音に変化してきました。
もう少しして、音が落ち着いたら、録音してみようと思っています。
Commented by 菊田 at 2009-06-11 07:15 x
かとうさん、こんにちは。
アマティモデルの、やわらかい雰囲気を感じていただけて嬉しいです。
サイズですが、、、、ボディの大きさとしては、ストラドモデルに比べて、全長、幅ともに3~4ミリ程度小さいです。
ボディの厚さ(横板の高さ)は、同じです。
全体に3ミリ程度小さいと、ボディ内部の空気容量も小さくなりますので、やはり低音は出づらくなるというわけです。

でも、ネックの長さや、弦の長さはストラドのフルサイズのバイオリンと同じですので、中音から高音にかけては張りのある音が維持できているわけですね。

これだけ小さいと、構えるのも楽な感じです。
Commented by Machako at 2009-06-11 12:47 x
おひさしぶりです。

さすが、とてもきれいな仕上がりですね!!!
肩(って言うのか?)の柔らかい丸みがかわいいっていうか・・・
あまてぃーもでる好きなタイプです(^ ^

3~4ミリでも持った感覚はかなり違ってくるのかな・・・?
小さいのは女性にとっては持ちやすいですよね。

音、楽しみにしています。
Commented by 菊田 at 2009-06-12 06:38 x
Machakoさん、こんにちは。
こちらこそご無沙汰しております。

アマティ-モデル、、なで肩で、全体に丸みを帯びていて、かわいいですよね。
3~4ミリ小さいと、かなり持ちやすいですし、軽いので、疲れにくいと思います。
音は、この数日で変化していますが、ストラドやガルネリの音とはやはり違っていますね。。。

録音に成功したら、、、なんとかネット上でお聴かせできるように研究しますね。。
Commented by じゃまざく at 2009-06-16 23:39 x
ご無沙汰してます。
生まれたばかりの楽器なのに、貫禄ありますね。
モダン楽器かと思ってしまいました。
虎杢、僕は太い木目がビシビシ入っているのが好きでしたが、
こういう細くて繊細なのもいいもんですね。
アマティにはこういう木目が多いのですか?

菊田さんのウズマキはいつも拝見していて
なぜか美味しそう(?)と思ってしまいます(笑)
滑らかな曲線のせいか、一瞬木であることを忘れてしまうような・・・。
かじらないように気をつけねば。





Commented by 菊田 at 2009-06-17 15:04 x
じゃまざくさん、こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰しております。。

生まれたばかりの楽器なのに、モダンのように見える、、、このことは、この数年私が取り組んできたテーマの一つなので、コメントいただけて嬉しいです。

アマティのバイオリンは、特に細い虎杢が多いわけではないのですが、有名な楽器でポスターになっているようなものには、なぜか細い虎杢が使われていて、そのイメージが強いです。
実際、アマティモデルの繊細なイメージには、細い虎杢がマッチしますが、でも、太い虎杢の材料でも、また違った美しさが表現できると思います。

ウズマキ、、美味しそうに感じていただけて、嬉しいです、。
かじっても大丈夫なように、今度からニスにキャラメル成分を混ぜておきますね、、、、、。
Commented by gon at 2009-06-24 08:41 x
菊田さん、こんにちは。アマティモデルの完成おめでとうございます。
繊細な感じが多分に出ていてすばらしいですね。菊田さんの楽器はどれもみなきっちりと作りこまれているのですが、やはり材木の木目や杢が細かいとヨリ繊細度が上がる感じですね。
音色は甘いですか?ストラドモデルと聞き比べしてみたいですね。

私事ですが、只今2号機のパフリングの溝彫りやっています。菊田さんのように繊細な感じをイメージしながら作業してますが、とてもとてもおよびがつきません。目もショボショボです。
Commented by 菊田 at 2009-06-26 13:54 x
gonさん、こんにちは。
お返事が遅くなり、すみませんです。。

アマティ、、、オリジナルの繊細な感じを再現するのはとても難しいですが、、今回は、ある程度は成功したのですが、、、渦巻などが、ストラド的な雰囲気から抜け出せずに悩みましたです。

音は、甘ティ、、、、イメージ的に甘い音色が欲しいところですが、ボディが小さい分、軽やかに響くという感じです。
でも、弾き込んでいくと、意外と低音も出てきました。
録音はしてみたのですが、、、アップする余裕が無いので、、も少しお待ちください。。。

パフリングの溝掘り、、目が疲れますよね。。
2号機がどんな仕上がりになるのか、、楽しみですね。。
名前
URL
削除用パスワード

菊田ヴァイオリン工房 ブログ


by violino45

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

岡村さん、ありがとうござ..
by 菊田 at 21:56
菊田さんお誕生日おめでと..
by 岡村 at 20:25
はたさん、ありがとうござ..
by 菊田 at 15:45
junjunさん、ありが..
by 菊田 at 15:39
お誕生日おめでとうござい..
by はた at 12:40
菊田さん、お誕生日おめで..
by Junjun at 06:34
たにつちさん、ありがとう..
by 菊田 at 03:05
おめでとうございます! ..
by parnassus at 00:49
noriさん、こんにちは..
by 菊田 at 21:47
菊田さん、ミケにゃん、こ..
by nori at 15:35
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 19:28
菊田さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 07:35
ましゅまろさん、こんにち..
by 菊田 at 18:55
こんにちは。 ご無事に..
by ましゅまろ at 15:44
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 01:39
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 08:33
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 19:55
菊田さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 07:25
松原さん、こんにちは。 ..
by 菊田 at 11:40
菊田さんこんにちは。 ..
by Y.Matsubara at 10:06

カテゴリ

全体
製作記
日記
お知らせ
猫ネタ
動画

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧