コンクール参加(懲りずに、、、)

今週水曜日から、チェコ共和国のNachodというところでバイオリン製作コンクールがありますので、バイオリンを持って参加してきます。
このコンクールは少し変わっていて、現地でウズマキを製作するという実技部門があります。
d0047461_1444341.jpg

このウズマキ製作試験にはノミとナイフだけしか使ってはいけません。
私は普段、ヤスリやスクレーパーをふんだんに使って仕上げていますので、刃物だけで仕上げるのは初めての経験で、恐怖です@_@。
試験は、木曜日の朝8時から夜の23時までの15時間、参加者全員でせっせとウズマキを彫るのです。
翌日の金曜日はソリストによる演奏審査(無伴奏)、土曜日には室内楽伴奏による演奏審査もあります。
もちろん、コンクール期間中、バイオリンは審査員によってじっくりとチェック、採点されるわけです。
結果は、土曜日の夜に発表されます。

パンフレットによりますと、ウズマキは途中まで準備して良い事になっています。
こんな感じです。
d0047461_14572710.jpg

これを元に、削ってみました。
d0047461_15554688.jpg

d0047461_15561079.jpg


さて、コンクール、、、、いろいろと準備が大変ですし、精神的にもプレッシャーが大きいので、今年はやめておこうかと思ったのですが、結果はともかく、参加するだけでも得るものがとても大きいので、締め切り直前になって参加申し込みをしました。

もちろん、良い結果を出すことを目標に参加しているのですが、大切なのは結果そのものよりも、良い結果を出すためにいろいろ考えて工夫する過程そのものだと考えています。
その経験が、次の作品へのインスピレーションとなるわけです。

よく、コンクール用の楽器はなにか特別な作り方をするのかと聞かれるのですが、そんなことはありません。
普段から最高のものを目指して製作してますので、これ以上特別なものを作りようがないのです。
逆に、普段いい加減なものを作っていて、コンクールの時だけ良いものを作ろうとしても、それは無理なことだと思います。
普段どおりの物を作ることが、それがいつも自分にとって最高の作品でありたいと思っています。

でも、一つだけコンクール用に特別に準備することがあります。
それは、楽器のセッティング、調整です。

普段も、もちろん、念入りにセッティングして納品するのですが、最終調整は楽器屋さんの領域ですし、お客様の手に渡ってからも、弦の選択も含めて、お好みで調整されるわけです。

でも、コンクールの場合、審査員が楽器をケースから取り出した瞬間に最高の音を出す必要がありますので、少しでも良い状態で楽器が鳴るように、いろいろとチューンナップするわけです。

楽器と相性の良い弦を選択することも重要になってきます。

楽器が完成してから、コンクールによっては郵送しますし、実際に審査が始まるまでにはさらに一週間以上ケースに眠っている場合もありますから、審査が始まった瞬間に良い音が出る状態を保つのは大変で、いろいろなノウハウがあるわけです。

これは、コンクールでの特殊な事情ではあるのですが、こういう極限状態での経験が、普段の楽器作りにも活きてくるのだと思いますので、(懲りずに)参加し続けるわけです。

また、今回は審査員さんとも直接お話ができる貴重な機会ですので、いろいろな意味で勉強になりますし、クレモナからたくさんの仲間(懲りない面々)が参加しますので、イベントとして、楽しんで来たいと思っています。

なので、結果がもし悪くても、見逃してやってください~;_;。(←結局、これが言いたかった)
by violino45 | 2008-04-20 15:56 | お知らせ | Comments(24)
Commented by 葉月 at 2008-04-20 19:47 x
ワクワクドキドキしてきました。
菊田さんの参加そのもの、を応援していますよ~~きっとすてきな体験がいっぱいじゃないですかー☆ふれ~ふれ~KIKUTA
Commented by かとう at 2008-04-20 21:48 x
こんばんは、菊田さん。

先ほど、ヨーヨーマのコンサートから帰ってきました。
今回は、シルクロードアンサンブルということで、異種格闘技的な練達のメンバーによる、グルーヴ感あふれるコンサートでした。
高揚した良い気分でおります。

コンクールに出場されるとのこと、お忙しい一週間になるのでしょうが、ぜひ楽しんできてくださいね。
アンモナイト師匠も、もちろん厳しい目を光らせながら同行されるのでしょうね。
Commented by aloha^^/ at 2008-04-21 09:23 x
「参加することに意義がある」という言葉の本当の意味合いがわかった気がしました。
プレッシャーそのものも自分を育む一つなんですね!

今週の土曜日は、イダ・ヘンデルさんのベートベンViolinコンツェルトの演奏会に行き名器の音色を堪能してきます。
Commented by gon at 2008-04-21 11:01 x
菊田さんこんにちわ。コンクールがんばってください。

菊田さんにアンモナイト師匠のご加護があるようにィィィーー。

ーー遠い所からお祈りしております。
Commented by たか at 2008-04-21 19:59 x
菊田さん、こんばんは。
ウズマキの実技試験、大変そうですね。
コンクール頑張ってください。応援しています!
Commented by shige at 2008-04-21 21:53 x
菊田さん、こんにちは。
実技でウズマキは大変ですね~。ノミとナイフだけですか!!鋸も駄目なのかな?そうだとしたら大変なことに・・・
私には無理そうです(笑)
とてもじゃないけどその時間内にはできあがりませんよ^^
怪我には気をつけて頑張ってくださいませ!(^^)/~~
Commented by たにつち@祈祷所開設予定 at 2008-04-22 12:25 x
もうお出かけになったでしょうか?
長丁場のうずまきづくりもたいへんそうですが、お体に気をつけて。
今回も、「コンクール荒らし」のご活躍をお祈りしています。
KKTのみんなでチェコまで「念」を届けますので~~(^^)/
Commented by 菊田 at 2008-04-23 00:19 x
葉月さん、こんにちは。
はい、私もドキドキわくわくしています~^^。
すごい緊張もしてますけどね。
でも、現地では、3年前の魂柱立て25分試験ほどは緊張しないかもしれませんけど、、、。
あれから3年、早いものです、、。
そいいえば、、、気が付くと、ブログも3周年を迎えていました、、、(4月19日)

今回のコンクールは、実は少しサプライズがあります、、、^^。
でも今はナイショです。
お楽しみにデス。
Commented by 菊田 at 2008-04-23 00:25 x
かとうさん、こんにちは。
ヨーヨーマさん、いいですね~。
以前から、いろいろなジャンルの音楽とコラボレーションされていますよね。
私のルーツ音楽である、カントリー・ブルーグラスの名フィドラー、「マーク・オコーナー」とのコラボレーションDVDは愛蔵版になってます。

さて、コンクール、もちろん、アンモナイト師匠と一緒です。
さっそく、グルグルと目を光らせておいでです。
コワイ~。
Commented by 菊田 at 2008-04-23 00:35 x
aloha^^/ さん、こんにちは。
そうですね、オリンピックでもなんでも、参加すればそれで良いというわけではなくて、参加するからには勝利に向かって全力を出し切ることが大切なのだと思います。
そうすることで、初めて、結果はどうあれ、勝利以上の大切なものを得ることができるのかもしれませんね。
今回も、真摯な戦いの場に身を置けるのは幸せなことと思いますので、大切な仲間達とのイベントを楽しんできたいと思っています。
ベートーヴェン、楽しんできてくださいませ。
Commented by 菊田 at 2008-04-23 00:37 x
gonさん、こんにちは。
応援、ありがとうございます。
でも、アンモナイト師匠はお守りではなくて、厳しい目を光らせている監視役ですので、たぶん御加護は無いと思いますデス^^。
お守りは、別のものを用意する予定です、、、。
Commented by 菊田 at 2008-04-23 00:41 x
たかさん、こんにちは。
そうですね~、ウズマキを15時間連続で彫り続けた経験自体がありませんので、どうなることやら、心配です@_@。
でも、一人で孤独にというわけではなく、楽しい仲間達と一緒ですので、たぶんあっという間の15時間になるのだと思います。
結果はどうあれ、楽しんできたいと思います。
Commented by 菊田 at 2008-04-23 00:46 x
shigeさん、こんにちは。
いえいえ、ノコギリは大丈夫デス。
ただ、普段はミニカンナ、ヤスリ、スクレーパーが命ですので、この3つが無いのはストック無しでスキーに行くようなものです。
転ばないように、、、祈るしかないです。
そうですね~、怪我をせずに帰ってこれたら、それだけでも80点と自己採点したいと思ってます。
Commented by 菊田 at 2008-04-23 00:55 x
たにつちさん、こんにちは。
こちらの時間で、23日の丑三つ時に出発します。(もう少し後ですが、、、、)
なので、たぶん寝不足でチェコに到着して、ボーっとした頭で楽器を提出して、翌日8時からのウズマキ試験に備えて、皆でチェコのビールを飲みに行くのだと思います。
生きて帰ってこられるよう、また本当の意味での「荒らし」にならないよう、「念」をしっかりとキャッチしたいと思っております。
NACHODは、プラハから140キロほど離れた街ですが、少しだけでもプラハの町並みや、モルダウ川なども見たいと思っております。
結果発表は、こちらの時間の土曜日の夕方ですので、日本では、日曜日の、丑三つ時ですね^^。

Commented by セイジ at 2008-04-24 11:05 x
こんにちは。
先日は、仮指板のご説明ありがとうございました。

コンクール、月並みですが、がんばってください。
今回の写真、コンクールのパンフレットも初めて見たので感動です。
渦巻きも、あの形からノミとナイフだけなんですね。
と思ったら、のこぎりは大丈夫とか。

それにしても、限られた時間で取り組むというのは相当な精神力が必要ですよね。

私は、先日、キャリパーが届きました。
スクレーパーを早く使いたいのに、それはまだなんですよね、、、。

お体に気をつけて行ってきて下さい。
Commented by Machako at 2008-04-25 13:00 x
昨日のうずまき試験はどうだったのでしょうか・・・。
聞いているだけだと、とても楽しそうです。
でも15時間って大変ですよね。お疲れさま。
土曜日の結果もドキドキで楽しみですが、
プラハゆっくり観光して帰ってください。
日曜の丑三つ時にはここから念を送りますね(笑)
Commented by dolcestyle at 2008-04-26 00:41
今回のお話、とっても職人的な感じで聞いていてワクワクしてしまいます。
作品の写真アップお待ちしてます♪
Commented by 菊田 at 2008-04-29 03:23 x
セイジさん、こんにちは。
無事に、クレモナに戻ってきました。
結果は、後ほどご報告いたします。
キャリパー、、、厚み測定器ですね。
いろいろな物の厚みを測ってみたくなりますよね。
徐々に、本格的な道具がそろっていきますね。
ブログで拝見できるのを楽しみにしています。
Commented by 菊田 at 2008-04-29 03:26 x
Machakoさん、こんにちは。
丑三つ時も無事に乗り越えて、クレモナにもどって参りました。
自分としては十分納得できる結果でしたので、満足していますし、今は心地よい開放感に浸っております。
プラハ、綺麗な街でした。
でも、時間がなくて、本当に駆け足だったので、残念でした。
またゆっくり観光したいと思いました。
Commented by 菊田 at 2008-04-29 03:28 x
dolcestyleさん、こんにちは。
なんとか苦行も終えて、帰ってまいりました。
本当に、職人同士のディープな世界を満喫してきました。
結果は、後ほどご報告いたします。
Commented by 小澤建二 at 2008-09-08 23:25 x
はじめまして。菊田さんのブログを見て、自分もヴァイオリンを作ろうと思い、今頑張っているところです。歳は32歳です。悩んでいることがあります。ニスを塗っていますが、渦巻きの縁の部分は、どのように薄くするのでしょうか。また、ネックは全く何も塗らずに完成で良いのでしょうか。それからもう1つ。ネック用の材を買うと、直角に製材していません。菊田さんはどのように型を写し、切り出しているのですか。時間のあるときでかまいませんのでブログでアップしていただけると幸いです。また、私の製作記も暇な時に見てください。
Commented by 菊田 at 2008-09-11 07:31 x
小澤さん、こんにちは。

さて、ご質問ですが、、取り急ぎ、お答えいたします。
ウズマキの縁の部分のニスは、私はサンドペーパーで磨いて、少し薄い色に仕上げていますが、アルコールで一旦落としてから、縁の部分だけを塗りなおす方法もあります。
これは、ボディの縁の部分の処理も同じです。

ネックの仕上げも、いろいろな方法があります。
なにも塗らないと、演奏者の汗がしみ込んで、ネックが傷みますので、薄くニスを塗ることが多いですが、刷毛は使いません。
布に、ニスを少量染み込ませて、少し油をつけながら、ネックに刷り込んでいくと、ほど良くニスがネックに乗る感じになります。

ネックは、幅が十分にある材料でしたら、42ミリ幅に製材してから、テンプレートでデザインします。
幅が足りない材料で、でも、目玉の部分は42ミリある材料でしたら、足りない部分に木材(どの材質でも良いです)を貼り付けてから、42ミリ幅に製材します。

この3点は、やはり、誰かに習う方が、分かりやすいと思います。
機会がありましたら、ブログでもご紹介したいと思いますが、文章と写真だけでは、なかなか伝わりづらいです、、

Commented by 小澤 at 2008-09-15 07:31 x
大変参考になりました。今日からまた頑張ります。実際にお答えいただけて、とても感動しています。これからも応援しています。コンクール頑張ってください。
Commented by 菊田 at 2008-09-26 14:39 x
小澤さん、こんにちは。
お返事が遅れ、失礼しました。

楽器製作は奥が深く、また、技術も多岐に渡るため悩むことも多いですが、真摯に取り組んだ分だけ必ず成果として返ってくると思います。
 
これからも、ご質問がありましたらお気軽にご連絡いただければ幸いです。
名前
URL
削除用パスワード

菊田ヴァイオリン工房 ブログ


by violino45

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

たにつちさん、こんにちは..
by 菊田 at 05:15
遅くなりましたが、松山で..
by parnassus at 22:57
Junjun さん、こん..
by 菊田 at 18:33
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 14:02
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 09:51
菊田さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 06:56
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 07:08
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 03:32
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 22:28
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 07:04
junjunさん、こんに..
by 菊田 at 15:53
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 08:06
junjunさん、こんに..
by 菊田 at 07:42
菊田さん。こんにちは。 ..
by junjun at 18:50
にゃんこさん、こんにちは..
by 菊田 at 05:00
遅ればせながら、お誕生日..
by にゃんこ at 23:22
岡村さん、ありがとうござ..
by 菊田 at 21:56
菊田さんお誕生日おめでと..
by 岡村 at 20:25
はたさん、ありがとうござ..
by 菊田 at 15:45
junjunさん、ありが..
by 菊田 at 15:39

カテゴリ

全体
製作記
日記
お知らせ
猫ネタ
動画

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧