弦楽器フェア出品ヴァイオリン、動画と写真でご紹介

弦楽器フェア、いよいよ今週末の開催となりました。
会場にてお目にかかれますのを楽しみにしております。

先日、新作ヴァイオリンをご紹介しましたが、もう1台、展示させていただくヴァイオリンが完成しております。
いつものように、輪野光星さんに試奏いただきましたので、動画にてご覧下さいませ。

今回、録音の方式を変更しました。
記事の最後に説明しておりますので、マニアックな内容ではありますが、ご興味がございましたら、ご覧くださいませ。

輪野さんの試奏動画はこちらです。
バッハの、無伴奏パルティータ2番から、冒頭部分です。



今回も、完成して弦を張ってすぐの状態の楽器での録音となりました。
楽器本来の実力を発揮できているかどうか分からないのですが、生まれたての音色は、その時にしか聴くことができませんので、ホワイトヴァイオリンの写真と同様、記録に残しておくことで、将来的に意義があるのではと思っております。

輪野さんには、いつも、私の録音にコラボしていただき、感謝しております。
いつも、二人で、録音手法についていろいろ相談しながら進めております。


では、新作ヴァイオリンを、写真にてご紹介いたします。
今回も、ストラディバリ、1705年モデルで製作しました。
d0047461_02150508.jpg
 

裏板をホワイトでご紹介した時、少し変化のあるトラ杢と申し上げたのですが、ニスを塗りましたら、かなり変化のあるトラ杢となりました。
こういう、途中で裏返ったようなトラ杢のカエデは、私が好んで使うことが多いです。
光に当てて動かすと、キラキラと複雑に模様が変化して、美しいです。
d0047461_02145217.jpg


エフと、表板のコーナー部分です。
アマティ的な柔らかさを持ったエフと、コーナー部分の対比、バランスはいつも悩みながら仕上げるところです。
d0047461_02140667.jpg


裏板の、コーナー部分です。
クッキリしていながら、柔らかくて優美なストラドの特徴を再現したいと思っているのですが、、。
d0047461_02135069.jpg


ウズマキは、最近使っている、ストラドの黄金期のコピーモデルです。
やっと、少し慣れてきて、このモデルの特徴が掴めてきた気がします。
d0047461_02132219.jpg


正面から。
d0047461_02133552.jpg


そして、斜めからの造形です。
d0047461_02130488.jpg


この楽器は、弦楽器フェアにて展示させていただきます。
ガラスケースの中での展示となりますが、菊田にお声をかけていただければ、試奏もできますので、この機会にお試しくださいませ。

d0047461_02143764.jpg

d0047461_02141916.jpg

さて、冒頭でお知らせしましたとおり、今回は、録音方法を変更しました。
まず、マイクロフォンを、変えてみました。

少し珍しい機種なのですが、ロシアのOktava(オクターヴァ)というメーカーで、歴史のある会社なのですが、あまり放送、録音業界では一般的ではないメーカーです。
でも、弦楽器には相性が良いという評判でしたので、以前から試してみたいと思っていたマイクです。
d0047461_02165781.jpg


Tulaという町で作られているようですね。
知らなかった町ですが、地図で見たら、モスクワの南、160キロくらいにある町のようです。
d0047461_02164666.jpg


今回の大きな変更点としては、このマイクを2本使って、ステレオで収録したことでした。

この2年間くらい、楽器の音をできるだけクリアに収音して、楽器の音そのものを忠実に記録することを目的にしてきましたが、そのためには、マイク1本でのモノラル収録が最適と判断して、実行してきました。
いろいろなマイクを試しながら、この方向性で収録してきたのですが、その目的は維持しつつ、もう少し聴きやすい音で視聴していただける方法もあるのではないかと思い、輪野さんともいろいろ相談して、今回、ステレオでの収音を試してみました。
ヘッドホンで聴いていただければ分かりますが、前回の動画に比べて、左右方向の広がりがある録音になっております。

今回、試してみた結果、楽器の音を忠実に記録するという目的を妨げることなく、音楽的にも聴きやすい収録ができるという判断ができましたので、今後は、この方向性での録音をいろいろ試してみたいと思っております。
d0047461_02163209.jpg


マニアックな話で失礼しました。
クレモナもだいぶ寒くなりました。
ミケにゃん、猫用のホットカーペット?がお気に入りのようです。
d0047461_02160736.jpg

by violino45 | 2017-10-29 03:12 | 動画 | Comments(2)
Commented by junjun at 2017-10-30 07:04 x
菊田さん、こんにちは。

新しいバイオリンのアップ、有難うございます。

裏板の模様、凄いビックリしました。
光にあたりキラキラする、、想像すると
ドキドキワクワクします。
実際、今週末に拝見させて頂けるとのこと
ケース越しに その姿を楽しみにしています。

輪野光星さん、さすが、素敵な演奏です。
録音方法を変えられたとの事ですが、
前回の音と比べてみると、前回は演奏してる人に
近くで聴いている感じ。
同じ部屋にいながら聴いている感じ。
今回は、少し響く部屋で、距離をとって聴いている感じ がしました。

録音の違いで差を感じたのか否かはわかりませんが、バイオリンの音は、こちらの方が まろやかな優しい音に感じました。
しかし、元気でハリのある 音もあり
多分、この感じが 弦をはりたての時に
響く いわゆるこの時にしか聴けない響きなのかもしれないなと、、菊田さんの説明を読みながら感じた次第です。( わー。またまた生意気な意見
すいません )

10月もあと、二日。
ついに、今週末は弦楽器フェアですね。
出発前の忙しい中、アップ有難うございます。
呉々も お身体ご自愛ください。

ミケニャン、ホットカーペット
絵になりますね!
日本は、また少し暖かさが戻ってきました。
Commented by 菊田 at 2017-10-30 22:28 x
Junjunさん、こんにちは。
コメントをありがとうございました。
ちょうど日本への移動中で、お返事が遅くなり失礼しました。
台風を追いかける感じのタイミングでのフライトでしたが、22号が逃げ切ってくれたので、台風一過の中、無事に着陸できました。

動画へのご感想をありがとうございます。
率直なご意見が、とても参考になりますので、大変感謝しております。

そうですね、本来は、楽器の音を比較するためには、同じ条件で録音すべきなのですが、一年で録音できる機会、回数が限られているので、いろいろ試しながらの収録になってしまって、逆に、楽器の音が良く分からない動画シリーズになってしまって、申し訳なく思っております。

でも、純粋な比較はできませんが、楽器の音をそのまま記録するという意味では、毎回、意図通りの録音ができておりますので、今回、Junjunさんが感じた楽器の音の印象は、私がお伝えしたかった音そのままだと想像しております。

新作の完成したばかりの楽器は、ニスが乾いておりませんし、各部も馴染んでいないので、調整を追い込んでもすぐに状態が変わってしまうので、あまり意味がないのです。
なので、定番というか、標準の調整だけをして、元気に鳴ってくれればそれで良しとして、その状態で録音をしています。
もちろん、その後、ニスが乾いてきた状態で、再調整をして、お客様にはお届けしますので、そういう意味でも、生まれたての楽器の音としては、この録音の時だけにしか聴けない音もあるという感じです。

いよいよ今週末、フェアにてお目にかかれますのを楽しみにしております。
体調を崩さないように、気を付けて臨みたいと思っております。
名前
URL
削除用パスワード

菊田ヴァイオリン工房 ブログ


by violino45

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

たにつちさん、こんにちは..
by 菊田 at 05:15
遅くなりましたが、松山で..
by parnassus at 22:57
Junjun さん、こん..
by 菊田 at 18:33
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 14:02
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 09:51
菊田さん、こんにちは。 ..
by Junjun at 06:56
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 07:08
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 03:32
Junjunさん、こんに..
by 菊田 at 22:28
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 07:04
junjunさん、こんに..
by 菊田 at 15:53
菊田さん、こんにちは。 ..
by junjun at 08:06
junjunさん、こんに..
by 菊田 at 07:42
菊田さん。こんにちは。 ..
by junjun at 18:50
にゃんこさん、こんにちは..
by 菊田 at 05:00
遅ればせながら、お誕生日..
by にゃんこ at 23:22
岡村さん、ありがとうござ..
by 菊田 at 21:56
菊田さんお誕生日おめでと..
by 岡村 at 20:25
はたさん、ありがとうござ..
by 菊田 at 15:45
junjunさん、ありが..
by 菊田 at 15:39

カテゴリ

全体
製作記
日記
お知らせ
猫ネタ
動画

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧